西野亮廣 絵本 クラウドファンディング

 

11月12日に公開されたアニメ映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)が、ヒットを記録しています。「この世界の片隅に」は、こうの史代さんの同名漫画が原作です。舞台は戦前から戦中、戦後にかけての広島や呉。

 

主人公の北条すずとその周りの人たちが、迫り来る戦争に脅かされながらも、日々の暮らしを生きて行く姿を、綿密な時代考証をもとに淡々と描いています。主人公の声を演じたのは、能年玲奈から改名そた女優ののんさんです。

 

一時は完成さえ危ぶまれるような窮地を救ったのは、インターネット上で小口出資者がお金を出し合う「クラウドファンディング」。そこには、業界の方程式を打ち破った「3つの非常識」がありました。

 

  • 【1】公開してから客足が増える
  • 【2】前作の成績に縛られず
  • 【3】宣伝費がなくてもSNSで拡散

 

存在感増すクラウドファンディング

 

米国生まれのクラウドファンディングが日本に上陸したのは2011年3月でした。東日本大震災直後に、国内最大手のプラットホーム「READYFOR(レディーフォー)」などが立ち上がり、多くの被災地支援事業などで資金を調達して注目されました。

 

市場調査を手がける矢野経済研究所(東京)によると、国内の市場規模は2015年度で前年度比68%増の約363億円に上り、2016年度も32%増の約477億円となる見込みといいます。

 

最古参のレディーフォーでは、累計調達額が5年で32億円に達しました。今年、レーザー加工機の販売プロジェクトでは、歴代最高額の6115万円を記録しました。

 
 

このニュースの深掘りPOINT

 

クラウドファンディングでの資金調達は認知度も上がっています。お笑いコンビのキングコングの西野亮廣(にしの あきひろ)さんは、クラウドファンディングで1千万円以上を集めて、絵本「えんとつ町のプペル」を執筆しました。

 

更に、絵本の個展を無料で開催するために、クラウドファンディングで約4600万円の調達に成功しました。

 

キングコングの西野亮廣さんは、「嫌われ芸人」とイジられながらも、2016年10月21日に発売した絵本「えんとつ町のプペル」が、異例とのいえる10万部を突破しました。

 

「えんとつ町のプペル」は西野さんが原案、絵コンテなどを作成し、背景や彩色などを分業制で完成させました。そして、その制作費をクラウドファンディングで集めましたが、目標額の500万円を軽く超える1000万円超が寄せられました。

 

さらに、この絵本の原画展を開催する費用も同様にして募集したところ、目標額180万円を大きく上回る4600万円が集まる結果になりました。

 

原画展は渋谷にあるSEZON ART GALLERY(セゾンアートギャラリー)で、2016年11月3日~11月30日まで開催され、2万人が来場しました。

 
 

  • 参照元:ヤフーニュース 「この世界の片隅に」ヒット導いた“3つの非常識” 公開後のびた客足・前作不振でも資金・そしてSNS
  • URL:http://news.yahoo.co.jp/pickup/6223737

 

スポンサーリンク

 

このニュースに対する世間の声

 


名無しさん
2016/12/11 08:03
映画見ればわかる。純粋に素晴らしい映画だった。

名無しさん
2016/12/11 07:44
NHKでも何回も取り上げられてたからね。「日常」とか、優しさとか、ごく普通のことに逆に新鮮さがあるのでは。

名無しさん
2016/12/11 08:15
これやっと新宿で観たけど、本当に本当に良かった。

名無しさん
2016/12/11 08:26
がんばれ、のん。

名無しさん
2016/12/11 08:29
本当に素晴らしい映画だった。ただ、それ故に大手マスメディアが「のん」さん絡みのしがらみで、まったく報道しようとしないのが至極残念に思える。

名無しさん
2016/12/11 08:45
今までいろんな映画評論を見てきたけど、この映画ほど絶賛されるものは少ない。少ないというか初めての気がする。

名無しさん
2016/12/11 08:55
良い意味での非常識だよな。本当に素晴らしい映画だった。

名無しさん
2016/12/11 08:06
能年の声も、すごかった。すずさん、そのものだった。年末の忙しい中ですが、二回見に行きました。

名無しさん
2016/12/11 09:19
とても良い映画だ。

名無しさん
2016/12/11 09:05
『マイマイ新子と千年の魔法』も興行成績こそ振るわなかったけど、良い映画だったよ。
スポンサーリンク

名無しさん
2016/12/11 08:54
ちょっとボーっとして素直な主人公のキャラに、のんさんの声が合ってた感じがした。

名無しさん
2016/12/11 09:42
良いか悪いか本人が見て判断だね。良い作品だったからぜひ一度は見てほしいけれど。

名無しさん
2016/12/11 09:02
映画自体が純粋に素晴らしいのに、のん映画と言われるとちょっと違和感があります。

名無しさん
2016/12/11 08:08
間違いなく1800円の価値はあった。ただの戦争物じゃない、ただアニメ化しただけじゃない、素晴らしい作品でした。

名無しさん
2016/12/11 09:01
この映画は家族で見るともっと良いかもしれないな。辛い事を思い出す人もいるかも知れないが。

名無しさん
2016/12/11 08:55
のん、頑張って!見るのが楽しみ。

名無しさん
2016/12/11 09:02
のんはやはり強いものを持ってるね。

名無しさん
2016/12/11 07:44
近くの映画館で上映するなら観に行きたい。

名無しさん
2016/12/11 08:47
タイミングも良かったと思う。

名無しさん
2016/12/11 08:53
この映画がヒットしているのは事実。違った意見を読みたいものだが、どの記事も同じだね。

名無しさん
2016/12/11 07:43
なんかクラウドファンディングを効果的に利用して、画期的に成功した例としても歴史に名を残しそう。
スポンサーリンク

名無しさん
2016/12/11 07:44
娘も孫ももう3回行ったそうです。

名無しさん
2016/12/11 08:44
内容です。

名無しさん
2016/12/11 08:53
ヤフートップの見出しが「のん映画」というのは、取り上げ方として違ってる気がする。

名無しさん
2016/12/11 08:12
まだ近所の映画館では公開してないから、もっと上映館増やしてほしい。

名無しさん
2016/12/11 08:41
これ、友達が見て来て絶賛してた。観に行こうかな。

名無しさん
2016/12/11 07:55
観に行った友達の良かったという口コミで自分も行ってみました。

名無しさん
2016/12/11 09:11
映画の是非は実際に観た人に聞きたいね。観てもないのに前評判や噂だけで批判する人いると思います。私も仕事のヤマを越えたら観に行きます!(ちなみに「非常識」って悪い時に使うのでは。この場合良いことなので「常識破り」とした方がいいと思います。)

名無しさん
2016/12/11 07:41
母がなんとなく観たらとてもいい作品だったと絶賛していた。能年玲奈の声優もとてもよかったと言っていた。近くの映画館ではやってないから観にいきたい。

名無しさん
2016/12/11 08:24
どんな形でもいい。がんばれのんちゃん!!映画のヒットおめでとう。

名無しさん
2016/12/11 08:38
良作だからヒットした。

名無しさん
2016/12/11 08:44
クラウドファンディングでサポートした人たちは誇らしい気持ちでしょうね。うらやましい

名無しさん
2016/12/11 08:35
のんが能年玲奈に戻る日を待っています。

名無しさん
2016/12/11 09:04
今までの常識が全く通用しない時代になったことがテレビ、芸能事務所、わかっていないです。これからは大手でも芸能事務所の倒産はあり得ます。

名無しさん
2016/12/11 09:01
のんちゃんを声優さんとして抜擢してくれたのも、ある意味非常識で素晴らしいですね♪

名無しさん
2016/12/11 08:42
「君の名は。」ぐらいのヒットを記録しても良いぐらいの素晴らしい映画だよ!

名無しさん
2016/12/11 07:40
のんが声優しとるって知らんかった。この映画の評判は聞いてたけど観に行ってみようかなあ・・・。

名無しさん
2016/12/11 09:35
見てきました。想像と違っていたと言うのが一言。感動で号泣というより、人間って凄いなっ日本人で良かったって思う映画でした。見るなら映画館をオススメ。兵器と日常のギャップが凄いです。

名無しさん
2016/12/11 08:34
あえて言わせてもらえば、能年玲奈改めのんの起用が当たりましたね。これからもこの子には仕事が回ってきそうだな。

名無しさん
2016/12/11 08:28
クラウドファンディングには、今の投機的株式では失ってしまった本来の「投資」があると思う。政策的な優遇など環境整備が必要。

名無しさん
2016/12/11 09:24
地方で見れない(泣)

名無しさん
2016/12/11 09:01
大手の配給会社やテレビ局の意向を反映したものが、つまらないものだらけであることへのアンチテーゼ。

名無しさん
2016/12/11 08:35
やはり能年さんは芸達者だったわ・・・。

名無しさん
2016/12/11 08:21
内容の素晴らしさは君の名は。の6倍以上。

名無しさん
2016/12/11 08:19
テレビ局と大手配給会社は断ったことを後悔してるだろうね。

名無しさん
2016/12/11 09:41
ラジオでの推しもあるかも。CMが偉い勢いで流れてるし、コメンテーターやパーソナリティのおじさん達の解説が熱い(笑)。

名無しさん
2016/12/11 09:23
見るべき映画。見て損はありませんよ!

名無しさん
2016/12/11 09:14
データやそこから導き出される常識にとらわれすぎている現代人に、そんなものは大した意味はないということを知ってもらいたい。

名無しさん
2016/12/11 09:13
作品はもちろんですが、能年ちゃん人気も有ると思いますね。早く完全復活してもらいたい。

名無しさん
2016/12/11 09:48
映画の出来と興行成績が比例しないことはよくあること。それが大手が手を出さない少数館作品なら尚更。宮崎監督の作品のうち、最悪の興行成績なのが、ラピュタと魔女の宅急便なのがいい例だよ。

名無しさん
2016/12/11 08:10
普通に暮らしたいのに暮らせない悲しさ。身近に愛する人がいる事の有り難さ。平和が空気や水みたいに当たり前に思える危うさ。全て考えさせられる作品です。

名無しさん
2016/12/11 08:10
NHKの朝7時のニュースでも特集されていた。とてもいい映画と思ったよ。地元も映画館には上映予定はないので見たい場合は他県までいかなければならない。最低各県1つは上映館作って欲しいよ。特にこの映画はぜひ見てみたいと思ったよ。

名無しさん
2016/12/11 08:22
この作品のクラウド・ファンディングに参加できて良かったとつくづく思います。

名無しさん
2016/12/11 09:49
クラウドファンディングという手法を取ったのも資金集めのためというよりも、宣伝効果を狙ったという意図のもので「コレだけ大勢の人がこの映画を観たいと思っている」という証明のためでもあったし。広告・宣伝にお金をかけずとも良い作品は伝わるということが立証されたと思う。舞台挨拶て監督が映画は作って完成ではなく、見た人それぞれに違った見方があり、その数だけ映画がある。とおっしゃっていて印象的でした。3回見ましたがとても良い作品だったので、また誰かを誘って見に行きたいです。

名無しさん
2016/12/11 08:51
軽い気持ちで見にいったら、後半やたらヘビーだった。素晴らしい映画だけど、私は軽々しく他人に勧められない。

名無しさん
2016/12/11 09:26
マスメディアは人権を無視してのんさんを叩くだけ叩いていたな。けれど、違う人たちが彼女の良さを見つけ、活かした。世の中捨てたもんじゃない。見ている人は見ているんだね。

名無しさん
2016/12/11 08:24
駄作の山を築いてる大手配給会社やテレビ局の「常識」を覆したのが大きいね。

名無しさん
2016/12/11 09:25
もはや電通いらないな。

名無しさん
2016/12/11 08:55
夕べ見ました。涙が止まりません。広島・呉の描写が鮮明で、人々は優しく強い。昨年かの地に旅行に行ったので、地元の方が見たらどんなお気持ちか・・・と思うだけでまたもらい泣き。

名無しさん
2016/12/11 08:41
逆の視点から思える事は、制作費と宣伝費を湯水のように使いまくった上に原作と俳優人の知名度に頼り切った映画が星の数ほどあると言うのに、公開された途端、鳴かず飛ばずで散々叩かれた凡作を、ニュース記事として取り上げてみたらどうだろうか?

名無しさん
2016/12/11 08:36
作品に説得力が有るから支持されるので有って、内容が無ければ幾らクラウドファンディング等行っても資金は集まらないと思うんだよ。皆が本当に観たいからお金が集まるものであり、それだけ原作漫画がしっかりしてる証拠なんだよ。ブームやノリでヒット刷る作品とは全てに置いて雲泥の差が有るんだよ。

名無しさん
2016/12/11 08:19
金曜日のレイトショーで見たらとても切なくなった。

名無しさん
2016/12/11 08:43
実に自然な広島弁で良い映画でした。2回観に行きました。まな板をバイオリンみたいにして鍋に入れたり、食材を並べて考えてるすずさんがめちゃくちゃ可愛いです。

名無しさん
2016/12/11 08:57
メディア不信のご時世だから、メディアにスルーされてた事が逆に良い効果を産んだのかも知れんわな。痛快。

名無しさん
2016/12/11 09:21
株式投資の新しい形のようですね。配当は作品のヒットという形でしかないけど。

名無しさん
2016/12/11 09:20
2億5千万円であんないい映画作れるんだな。他の映画はなにやってんだw

名無しさん
2016/12/11 08:56
最初、あーやっぱり俳優女優のなんちゃって声優かなぁ、と思ってたのに、気がついたらすずさんと能年さんが完全にシンクロしてた。途中からは、すずさんの顔が能年さんに見えるような気もして、彼女の表現力に驚かされた。序盤の日常辺から少しずつ様子が変わっていく様が、非常に上手く描かれていた。願わくば完全版を見たい。

名無しさん
2016/12/11 07:57
この作品、ヒットの要素が沢山ありすぎるから一概には言えないよ。SNSを軸に、クラウドファンディング等一般層からの口コミ、映画評論家ないし有名人の絶賛コメント、既存メディアや芸能界へのアンチテーゼ、やり過ぎともいわれたイベントや試写会等等。もちろん作品の出来がいいからそれがここまで拡まったんだろうけど。

名無しさん
2016/12/11 08:22
滅多に普段は映画館に足を運ぶ事はない私ですが、特に前評判とかもわからなかったのですが、ネットの記事を読んで観たくなり公開している所探しました。近くの映画館ではやっていなくて、電車で40分かけて観に行きましたが、本当に行って良かったです。朝9時過ぎからのスタートでしたが、老若男女年齢層がバラバラで、ほぼ満席だったのには、驚きでした。映画の途中から、感動で涙が止まりませんでした。帰宅後、コミックを全巻購入した程です。

名無しさん
2016/12/11 08:06
行こうかな。

名無しさん
2016/12/11 09:10
>業界で共通のルール作りが必要になってくるでしょう。業界が関わったらこの手法もまたやりにくくるだろう。

名無しさん
2016/12/11 09:43
昨夜視てきました。ごめんなさい、自分にはあまりそれほどの強烈な感動は無かったです。アホなので意味が分かりづらいとこもありで、期待してただけに意気消沈でした。戦争のリアリティーさや悲しさは十分理解できる内容なので、10代~20代の人には是非観てはもらいたいのも本音です。

名無しさん
2016/12/11 09:07
「この世界の片隅に」が今年一番良かった。圧倒されて観終わった後に頭の整理がつかず言葉が出てこなかった。感動以上の感じでした。ポスターとかの絵柄でぱっと見が地味な印象あるかもしれませんが、満足度は非常に高いです。「君の名は」みたいな破綻もないし、丁寧に愛情を持って作られているのがわかります。光効果などの安易な映像のデコレーションに頼らない、アニメーション職人の技を感じました。とにかく絵の動きが上質でした。

名無しさん
2016/12/11 08:31
本当に音楽も映画もSNSなどの口コミでいいものが評価されて拡散していく。これが世間の本当の評価でしょう。今までいかにメディアの情報統制と広告屋の意向で、ありもしないブームなど煽っていたかが露呈しています。それにこの作品に関して言えば、芸能メディアなどはのんちゃんの名前をあえて伏せているは不自然でろくでもない圧力かけているんだろってみんな気づいているし。いいものは自分で探す。そして発信する時代になってきましたね。

名無しさん
2016/12/11 08:13
クラウドファンディングでこの傑作が生まれたことは素晴らしいことだと思います。素晴らし過ぎて辛いシーンは本当に胸に突き刺さるので、すぐにはもう一度あのシーンを見に行ける心境にはならない人も多いと思います。つまりリピーターは少ないのでは?そこが「君の名は。」とは違うとこだと思います。クラウドファンディングしてくれた人には感謝ですが、最後の長いクレジットは何か別の方法がなかったのかと思いました。せっかくの余韻が少し覚めました。