• 投稿 2016/12/24 
  • 地域
真田幸村 薩摩落ち伝説 墓

 

幸村は生き延びて薩摩に逃げていた?大阪夏の陣で死んだとされる真田幸村(信繁)が実は、豊臣秀頼を守って、鹿児島県南九州市に移り住んだという伝説が、地元で言い伝えられている。

 

12月18日に最終回を迎えた幸村が主人公のNHKの大河ドラマ「真田丸」により、幸村の墓とされる同市の石塔を訪れる人は増えており、地元は伝説にあやかった地域おこしに取り組んでいる。

 

幸村の薩摩落ち伝説は、京童たちが歌った「花の様(やう)なる秀頼様を、鬼のやうなる真田がつれて、退(の)きものいたよ加護島(かごしま)へ」との歌で有名になったといわれる。

 

伝説の地は、同市頴娃(えい)町の雪丸集落。南鹿兒島で雪がつく地名は珍しく、幸村がなまったと伝わる。墓とされる石塔は、山中にあり、墓石は島津家が「特別な石材」とした山川石製。文字や模様は刻まれていない。

 

墓に通じる坂道は地元で「とんどん坂(殿どの坂)」と言われ、雪丸自治会の雪丸重光会長(68)は「親から近づかないように言いつけられていた」と話す。

 

墓には丸い小石がたくさん供えられている。これは幸村の子を身ごもった女性を徳川の追ってから守るため、同町の大川地区に嫁がせ、その子孫が墓参りの際に、小石をさい銭代わりに置いたとされる。

 

その女性が産んだ男の子は、真田の2文字の間に江という字を挟んだ「真江田(まえだ)」の姓を名乗った。真江田家の墓には、真田の家紋「六文銭」が刻まれている。

 

スポンサーリンク

 

このニュースの深掘りPOINT

 

今回のニュースは、史実では1615年の大阪夏の陣で討死したとされる真田幸村が、大阪では死なずに嫡男である真田大助(幸昌)とともに、豊臣秀頼を守って薩摩へ落ちのびたという伝説があるという内容です。

 

史実では死んだとされている戦国武将が実は行きていたという話で、管理人の頭に浮かぶのは、明智光秀が山崎の合戦以降も生きていて、後に南光坊天海となったという話などがあります。

 

管理人は「幸村の薩摩落ち伝説」は知りませんでしたが、意外と有名な話だとコメントされている方もおられました。

 

大阪夏の陣で、用意周到な幸村は自分とよく似ているといわれる穴山小助を影武者としていて、皆この小助を幸村だと思いこんでいて、実際に討ち取られたのは、この小助だったとの説があります。

 

薩摩に逃れた真田幸村は、谷山にて豊臣秀頼主従と別れて、雪丸地区に移ったと言われています。雪丸では真田幸村は、島津家から与えられた住居に住みました。

 

そこで真田幸村の世話をした頴娃摺木在の百姓の娘がと恋仲になり、やがて幸村の子を身籠ります。幸村は落ち武者の身だったので、その娘とお腹の子に害が及ばないよう、南の太平洋に面した海辺である頴娃大川に、その娘を嫁がせたと言います。

 

幸村が亡くなると娘と子の瓢左衛門(ひょうざえもん)がお墓参りするときには、海から丸い石を拾って、お賽銭代わりに小石を置いたと言われています。

 

真江田家は幕末になって藩主から名字帯刀を許されてました。そのとき、先祖の真田の名前をもらい、「真江田」と名乗るようになったそうです。そして、大川の真江田家や難波家の墓には「六文銭」が刻まれているとの事です。

 

スポンサーリンク

 

  • 参照元:ヤフーニュース 幸村、薩摩に落ち延びた? 山中に墓、南九州市に伝説 堺雅人さん夫妻も訪れる
  • URL:http://news.yahoo.co.jp/pickup/6225158

 
 
 

このニュースに対する世間の声

 


名無しさん
2016/12/24 09:16
徳川家に結局バレたとはいえ、宇喜多秀家も一時期鹿児島に逃げていたし、そういう逃亡ルートがあってもおかしくはないな。

名無しさん
2016/12/24 08:35
そうあってほしいとも思いますが、それが事実だと知っている人は、誰もいない。確かなのは、そういう人たちのおかげで今のこの時代がある。先人の方々には、敬意を払い感謝の意を伝えたい。2016年ももうすぐ終わりです。

名無しさん
2016/12/24 08:30
では、続編をm(__)m

名無しさん
2016/12/24 11:13
諸説あったほうがロマンがあっていい。

名無しさん
2016/12/24 08:55
案外、真実だったりして。

名無しさん
2016/12/24 08:38
その子孫が明治維新に関係した、とか・・・。

名無しさん
2016/12/24 10:48
>真江田家の墓には真田の家紋「六文銭」が刻まれている。もっと、掘り下げて調査研究して欲しいのは、ここだと思う。六文銭という家紋は、真田由来じゃない家も使っているものなのか?
スポンサーリンク

名無しさん
2016/12/24 16:11
落ち延び伝説は他にも色々あるけれど、部下、忠心者が広めた、ということなんだろうね。

名無しさん
2016/12/24 16:17
明石全登はもっと謎……。

名無しさん
2016/12/24 08:43
まぁ史実かどうかは別として、歴史の流れで散っていった豪傑、英雄がどこかで生きていて欲しいという当時の人々の願いは良いわねぇ。

名無しさん
2016/12/24 09:13
幸村はともかく、九州・・・それも鹿児島辺りだと平家の落人とかよく流れついているらしいですね。(壇ノ浦からの漂着なのかな)だから地域によっては平の字が入る苗字の人も多いらしいし。なので家とか血を守る為に落ち延びても不思議ではない。島津藩になってからは、外様と言う事もあり幕府に対してより閉鎖的になっただろうからね。そう言う意味では日本の激動の時代にいつも関わってるのは薩摩と言う事なんだろうなぁ・・。

名無しさん
2016/12/24 13:11
義経がジンギスカンになったとか天草四郎は秀頼の子孫だったとかそういう話はわくわくするなぁ。

名無しさん
2016/12/24 11:32
夏の陣で敵方である、しかも東軍の主力である仙台伊達家で真田の者が生き延びた事実がある。薩摩説も有り得るのでは?

名無しさん
2016/12/24 17:10
判官びいきだろうね。話としては面白いけど…。

名無しさん
2016/12/24 17:11
こういう話はロマンがあっていい。

名無しさん
2016/12/24 17:44
この手の話は各地にあるけど、という事は少なくとも「徳川の世」に納得してない人達がいた、という事実は読み取れると思う。

名無しさん
2016/12/24 17:20
真実を暴くことだけが歴史じゃない。想像し所説を楽しむことも歴史の面白さだ。

名無しさん
2016/12/24 17:11
島津家も伊達家も他にも武将も徳川家を良く思っていなかった武将は多いと思う。この落ち延び説は有るかもね、何が有っても生き残る事が真田の真骨頂だから、その位の画策はしてると思う。しかも黒田官兵衛のもと領地なら尚更だと!

名無しさん
2016/12/24 17:22
織田信長もどこかで生き延びたとか、聖徳太子は実在しないとか、諸説存在するらいしけど、悲しい終わりで伝えられていたことが、実はそうでなかった…と覆ってたらいいなぁ。

名無しさん
2016/12/24 17:39
のきものいたり、だったと思うが。

名無しさん
2016/12/24 17:24
if〜ならば、は禁物だけど、想像するのは楽しい。

名無しさん
2016/12/24 16:31
と、云われている…。…歴史浪漫…。

名無しさん
2016/12/24 17:35
秀頼も落ち延びたという説もあります。いろいろ想像するのは楽しいね。

名無しさん
2016/12/24 17:10
こういう昔の謎が出て来る度に、タイムマシーンがあれば真実がわかるのにって幼稚な事を考えてしまう。でも、私だけじゃないはずだ(笑)

名無しさん
2016/12/24 17:36
薩摩は徳川に対して含むものがあっただろうからね…。あり得ない話ではないかも。

名無しさん
2016/12/24 17:13
今のイメージは、明治以降と池波先生の影響も、多分に大きいとは思うけど、こうした伝説は嫌いじゃない。。

名無しさん
2016/12/24 18:50
スピンオフはこれが良いと思う。

名無しさん
2016/12/24 17:09
歴史なんて本当には解らないからミステリアス。想像に任せるしかないな。

名無しさん
2016/12/24 17:19
かもしれないしそうではないかもしれない、実際はどうであれ今は村おこしの役に立ってくれるのだからそれで十分じゃないですかね。

名無しさん
2016/12/24 08:43
きりも元気かな。

名無しさん
2016/12/24 16:52
真田丸は本当に1年間が楽しみだった。真田丸以上の大河ドラマを期待してます。

名無しさん
2016/12/24 16:11
昔から全国各地に落ち武者伝説の縁の地があるけど、縁ある家紋を地域で見つけると凄い興奮するね。

名無しさん
2016/12/24 17:51
昔々、チンギスハンは向こうに移った秀吉だった、なんて話もありませんでした?真偽なんてわからないけど、そういうのを想像してみるのはロマンだと思いますけどね。どんな形でも、歴史に興味が出るのはいいことだ^^

名無しさん
2016/12/24 17:47
その子孫が幕末の倒幕に加わった…。ってストーリーだったらおもしろい。

名無しさん
2016/12/24 10:34
逃げ延びたとする噂を流したのは、敵を欺くための幸村本人の策略かもしれない。

名無しさん
2016/12/24 17:08
男なのに花と例えられる秀頼って一体。

名無しさん
2016/12/24 17:51
そういう話を以前聞いたことがある。流石の徳川も、島津にはなかなか手を付けられなかったからな・・・。あっても不思議ではない・・・。

名無しさん
2016/12/24 16:55
いつも思うが伝説とか、こういうのは、可能ならDNA鑑定とか出来んのか?文献だけなら結論出ないし。

名無しさん
2016/12/24 17:49
秀頼が薩摩に落ち延びたって伝説もあるんだよな。

名無しさん
2016/12/24 17:13
まぁ色々な説が多いのが歴史の面白いところだから、こういうのも面白いな。信長が本能寺を逃げ延びた、なんて説もあるくらいだし。

名無しさん
2016/12/24 17:49
いまさら、なんで取り上げるの?有名な話やん。

名無しさん
2016/12/24 16:48
そして、ハワイに渡ってカメハメハ大王になったとか。秀頼の息子が、あるいは弟が天草四郎時貞とか。いろいろあるよね。

名無しさん
2016/12/24 17:18
歌が残っているってとこがミソね。浪漫やね。

名無しさん
2016/12/24 17:12
東北地方にキリストの墓が有ったり、日本国中に聖徳太子の墓もある。どれが本当の墓かも分からない。噂や捏造があった方が歴史は面白い。

名無しさん
2016/12/24 17:35
青森にキリストの墓があるくらいだから、あってもいいのでは??

名無しさん
2016/12/24 17:42
そんな訳ないが、人気者には付き物の話。

名無しさん
2016/12/24 17:38
いつの時代も上の人間は自分だけは生き延びようとする。戦争でなくなるのはいつも弱い人が中心だ。

名無しさん
2016/12/24 17:28
確かに色々と有るとは思うけど・・・・。義経伝説も有る事だし。

名無しさん
2016/12/24 17:09
今のような情報社会じゃなかったから、討ち取っても本人かどうかの判別は難しかっただろうし、実は生き延びていた戦国武将がいても不思議ではないと思う。

名無しさん
2016/12/24 09:50
戦に敗れた者が、遠くに落ち延びたという言い伝えは多い。ただ、中には荒唐無稽(こうとうむけい)なものもあるが。

名無しさん
2016/12/24 18:29
昔「時空警察」って番組で全く同じこと言ってた。また見たいなー。

名無しさん
2016/12/24 17:28
ドラマだと、きりが秀頼を連れて逃げている感じもしますね。細川とかナントカ官兵衛さんの関係者が助けてくれる可能性もある。

名無しさん
2016/12/24 17:35
日本の歴史は面白いのに、学校の授業の日本史は本当につまらなかったのが残念。

名無しさん
2016/12/24 17:01
空港から頴娃まで行くってすごいな。まあそれがメインの旅行なら苦にならないか。

名無しさん
2016/12/24 17:28
生死を曖昧にして、徳川に畏れを持たせ続ける戦略の一環だとは思うけど信じたくなるよね。

名無しさん
2016/12/24 08:34
天草四郎が秀頼の子ということか。

名無しさん
2016/12/24 17:46
結構有名な伝説だと思ってたんだけど、一般的にはそうでもないのかな?

名無しさん
2016/12/24 09:26
まぁ大助は大坂城に戻ったから生き延びたかもね。名前が幸昌で雪丸と一字違いだし。

名無しさん
2016/12/24 17:31
豊臣秀頼の息子が薩摩で成長して、天草四郎時貞になったって説もありますからね!

名無しさん
2016/12/24 13:15
なんとか官兵衛さんの旧領地ですが、こちらの山奥にも後藤又兵衛の墓があります。哀川さんに来てほしかったなー。

名無しさん
2016/12/24 17:10
落ち延び伝説をクリスマスに聞くと青森だったかな?キリストの墓、今日はどんな感じなんだろう?と思ってしまう。

名無しさん
2016/12/24 17:21
信繁の血縁者が島津家に引き取られたのかな?と思いたいけど、詳しい年代が公表されないということは、少し時代が経過してからの創作物なのかもしれない。

名無しさん
2016/12/24 17:20
ゆきまる君は、既に長野県上田市原町商店街が出しているけど、、、大丈夫ですか?

名無しさん
2016/12/24 17:14
島津家が幕府につぶされないように流したデマのような気もする。

名無しさん
2016/12/24 17:43
幸村って名前が広まったのはだいぶ後になってからだと、何かで読んだが・・・はて?。まあ夢があっていいんじゃないかな。

名無しさん
2016/12/24 09:28
真田に江を足して真江田。なぜ江という字を足したのかその理由。なぜ子供の頃に坂道へ近づいたらダメと親に言われたのか書いてほしかった。

名無しさん
2016/12/24 16:36
ロマンあるね!!!

名無しさん
2016/12/24 17:14
本名なのに信繁って定着しないね。

名無しさん
2016/12/24 18:35
家康が最期まで薩摩を警戒したことと関係があるのか?

名無しさん
2016/12/24 17:42
実際に関ケ原合戦の後に逃げ込んできた宇喜多直家を捕えて徳川に引き渡したし、大坂の陣よりかなり経っても明石全登の息子は薩摩で捕らえられてる。そういう事例をみても島津が豊臣方を匿うはずがないし、真田信繁も島津の宇喜多捕縛の件は知っていたろうから頼るはずもないだろう。

名無しさん
2016/12/24 17:20
大分にも 後藤又兵衛のお墓があったり、秀頼が薩摩に行く途中で立ち寄ったっていう書き物がお寺にあったり。もしウソなら大がかりな嘘だな。

名無しさん
2016/12/24 17:24
ありえない。万に一つ秀頼が薩摩に逃げることがあったとしても、そのお供が信頼の薄かった真田であるはずもない。

名無しさん
2016/12/24 17:28
鹿児島市谷山に秀頼が落ちのびて、ひそかに住んでいたと言い伝えがありますね。

名無しさん
2016/12/24 12:38
歴史なんて実際に見てた人がいるわけじゃないし、写真すら無かったんだから、誰それの首を取ったぞー!なんて言っても本人かどうかも分からない。幸村には生き延びてて欲しいけどね。

名無しさん
2016/12/24 17:56
一度も見てないからロス言われてもなー。

名無しさん
2016/12/24 17:22
これもまた一興。

名無しさん
2016/12/24 13:25
うーむ、夢があるねぇ♪

名無しさん
2016/12/24 17:55
人から敬愛された人物は生存説が多いなぁ。

名無しさん
2016/12/24 17:14
MichaelJacksonにしても後藤又兵衛にしても、亡くなったとされる偉人には「まだ生きてる説」みたいなのがよく言われるよね。

名無しさん
2016/12/24 15:39
豊臣秀頼も天草四朗で生き延びた伝説がある…。

名無しさん
2016/12/24 17:55
墓を暴くのはできないにしても、最新の機器を使えば、実際に埋葬されてるのか、されてるとしたら頭骨の形状とか、わかったりしないもんかしら?

名無しさん
2016/12/24 09:50
秀頼と思われる大柄の男が食逃げしていて、島津から手をだすなと言われてた説もあるしね。

名無しさん
2016/12/24 17:25
何でも、鹿児島は知れば知るほど、すごい所だな・・・・・。

名無しさん
2016/12/24 17:24
俺の背中には六文銭のお灸の跡がある。

名無しさん
2016/12/24 11:47
又兵衛の墓もあちらこちらにあります。日本の多くの人が徳川幕府に不満を持っていたと言うことでしょう。

名無しさん
2016/12/24 17:27
ダミーじゃねぇかな、仮にどこかに落ち伸びたとして、そんなうわさや言い伝えが流れること自体、信繁やその子孫には危険なのだから。

名無しさん
2016/12/24 11:19
来年の大河ドラマ井伊直虎って、誰も知らないマイナーな人物だな。

名無しさん
2016/12/24 18:12
義経といいこういうの好きです!

名無しさん
2016/12/24 17:46
鹿児島には真田幸村が生き伸びた場所というだけでなく、天智天皇の墓があるとか赤穂浪士の生き残りがいた等、なんでもありな楽しい所です。

名無しさん
2016/12/24 17:17
確か、後に秀頼はどこかの養子に入りその家の土地を相続して、その血筋が残ってるってやつだよね。

名無しさん
2016/12/24 17:07
本当にそういう説があったのか。おいは恥ずかしかっ。

名無しさん
2016/12/24 16:38
幸村自体、本当にいたのか疑問だ。

名無しさん
2016/12/24 18:00
ガセだよガセ、義経とか芭蕉が通った場所の話しとかガセだらけ。キリストの墓も全国にあったり。

名無しさん
2016/12/24 17:34
英雄が落ち延びた伝説はよく聞きますね。義経とか。

名無しさん
2016/12/24 09:01
昔、都を追われた人は流れ流れて九州相良(熊本県人吉市)と言われた。薩摩はその先の国。中央の手が及ばない地域だったからあるかも、信憑性は薄いが。

名無しさん
2016/12/24 17:23
まぁ、真相がはっきりしないから伝説なんでしょうね。