• 投稿 2016/12/28 
  • 経済
田中角栄 ロッキード事件 真実

 

尋常小学校(現在の中学校)卒という政治家としては異色の経歴を持ちながら、総理大臣にまで上り詰めた田中角栄。

 

日中国交正常化を成し遂げるなど、戦後の黄金期に政治リーダーとして活躍したが、「ロッキード事件」をはじめとする金銭スキャンダルによって失脚。“金権政治家”のイメージをぬぐえないまま、この世を去った。

 

そんな波瀾万丈な人生を送った田中角栄を題材とした書籍が近年大ブームとなり、さまざまな出版社が“田中角栄本”を立て続けに出版している。ブームの火付け役となったのは、宝島社が発行するムック本『別冊宝島 田中角栄という生き方』だ。

 

編集を手掛けたムック局第一編集部の欠端大林(かけはた ひろき)氏は、出版業界がまだ田中元首相に焦点を当てていなかった2014年に、田中氏の“伝説”として語り継がれる豪快なエピソード、仕事術、田中氏の全盛期を知る人々のインタビューなどを同書にまとめ、他社に先駆けて出版。

 

ムック版と文庫版を累計して27万部の大ヒットを記録した。

 

『田中角栄という生き方』に続いて、欠端さんが手掛けられた名言集『田中角栄 100の言葉』も74万部を突破と大ヒットを記録しています。

 

スポンサーリンク

 

このニュースの深掘りPOINT

 

自民党最大派閥の田中派(木曜クラブ)を率い、巧みな官僚操縦術を見せる田中角栄さんは、大正生まれとして初の内閣総理大臣となり、在任中には日中国交正常化や日中記者交換協定、金大中事件、第一次オイルショックなどの政治課題に対応しました。

 

政権争奪時に掲げた日本列島改造論は一世を風靡しましたが、後にその政策が狂乱物価を招いた。その後の田中金脈問題への批判によって首相を辞職、さらにアメリカ合衆国の航空機製造大手ロッキード社の全日空への航空機売込みに絡んだ贈収賄事件(ロッキード事件)で逮捕収監され自民党を離党しました。

 

後になって言われていることに、ロッキード事件の真実は、アメリカが田中角栄さんに脅威を感じたため、罠にかけられてしまったという話もあります。

 

首相退任後やロッキード事件による逮捕後も田中派を通じて政界に隠然たる影響力を保ち続けたことから、マスコミからは「(目白の)闇将軍」の異名を取りました。また、高等教育を受けていない学歴でありながら、首相にまで上り詰めた当時は「今太閤」とも呼ばれました。

 

今回のニュースでは、田中角栄さんに関する書籍がブームになっているという話題。田中角栄さんがかつて発した名言に、心を打たれ勇気づけられている方も多いのかもしれません。そこで田中角栄さんの名言をいくつかピックアップしてみます。

 

  • 「私がかつて人の悪口を言ったことがあるか!誰か一度でも人の悪口を言ったのを聞いたことがあるか!」

 

田中角栄さんについて、とても魅力的な人物だったと評価する方も多いです。そのため周囲の人達から人望も高かったと思われます。角栄さんは、人の悪い部分ではなく、その人の良い部分に注目されていたのかもしれませんね。

 

  • 人から受けた恩を忘れてはならない。必ず恩返しをしろ。相手が困ったとき、遠くから慎み深く返してやるんだ

 

こちらの言葉からも田中角栄さんの人間性がよくわかります。内閣総理大臣にまでなった後も、過去に受けた恩を忘れずに、恩返しをされてたのでしょう。人との繋がりを大事にされ、人を大切にしていたから驚異的な出世をされたのかもしれません。

 

  • 世の中は白と黒ばかりではない。敵と見方ばかりでもない。その中間地点、グレーゾーンが一番広い。真理は常に中間にある

 

女性に比べて、男性は無い事にも白と黒をつけたがる性質があると言われます。個人的な田中角栄さんのイメージからすると、バシバシと白黒はっきりさせた人物のような印象を持っていました。しかし、実際にはグレーゾーンを許容する器の大きい人物だったようですね。

 

田中角栄さんのいくつかの名言を見ていくと、器が大きく懐が深い人物だったようです。機会がありましたら、ぜひ田中角栄本を読んでみたいと思いました。

 

スポンサーリンク

 

  • 参照元:ヤフーニュース 編集者に聞く「元祖・田中角栄本」の秘話
  • URL:http://news.yahoo.co.jp/pickup/6225437

 
 
 

このニュースに対する世間の声

 


名無しさん
2016/12/27 09:35
良くも悪くも、魅力のある政治家だったからでしょ。

名無しさん
2016/12/27 10:14
給料がばんばん上がって、夢みたいな楽しい時代でもあったな。

名無しさん
2016/12/27 09:47
三角大福中…。この時代の政治家は大物感があった気がする。

名無しさん
2016/12/27 09:54
ダーティーでも弱者には間違いなく優しかった。今はクリーンでも弱者に厳しい自己責任論者ばっかり。

名無しさん
2016/12/27 10:13
最後の方はダメだったが、それまでは実績から見ても有能な政治家だったと思う。今の小物の政治家とは比較にならない。特にアメリカとの外交は、今とは全然違う。まぁ、あまりに強気にいったから、ロッキード事件の遠因になった感もあるけど。潔癖症の人は終わりだけを見て田中角栄を非難するけど、政治家は清濁併せ呑むことができる人でないとやっていけないと思う。
スポンサーリンク

名無しさん
2016/12/27 10:36
時代が良くも悪くも伝説的なエピソードを望んでるんだろうな。

名無しさん
2016/12/27 10:01
よくよく考えれば田中角栄は人を引けつけるものが有ったし、演説も上手かった!今にはない政治家だったなぁ〜。

名無しさん
2016/12/27 10:14
新潟県民で角栄の時代を知らないが、親が言うには悪い事もしたけど道路整備とか整えてくれた人だから、嫌いにはなれないと言ってたな。色々逸話があって凄かったんだなーと…。

名無しさん
2016/12/27 10:16
当時と今は時代背景が違うが、当時は国土の改良というか土建全盛時代であったから彼の時代であったと思う。今はアイディアの時代というか力だけではだめでしょう。トランプのように自国の利益ばかりではダメだよ。当時は角栄さんにとっては活躍できる時代背景であったのだろう。

名無しさん
2016/12/27 09:47
角栄人気って、今の世はあまりにぼんぼん政治家が氾濫していることの反動だろうな。

名無しさん
2016/12/27 10:44
マスコミは角栄のことを悪く言っていたというが、それは田中のことというより、90年代半ばまでは自民党の主流が田中派の流れだったから、ということだ。近年でも田中のことを評価していた本がなかったわけではない。

名無しさん
2016/12/27 09:58
トランプよりも優秀なんじゃないだろうか。

名無しさん
2016/12/27 11:04
今のようにちょっとしたことで、マスコミや衆愚が足を引っ張るような時代では絶対に出てこない天才。

名無しさん
2016/12/27 09:57
良い人だと思う。魅力があるもんな。

名無しさん
2016/12/27 09:55
自分は泥水をかぶることは厭わない。それが彼は自分の生き方の信条だと聞いたことがあります。

名無しさん
2016/12/27 10:43
まーその〜(´Д`)y━・~~

名無しさん
2016/12/27 10:08
政治家は実行力が一番!彼は立派な政治家だったと思う。晩年の汚名を差し引いても。

名無しさん
2016/12/27 10:33
高度成長時代の夢をみてもしょうがない気が。

名無しさん
2016/12/27 10:11
過去は美しく見えるもの…。あの時代、めちゃくちゃだったでしょう。経済成長があったからまだ良かっただけ!!

名無しさん
2016/12/27 09:58
田中角栄の言葉が好きだなぁ。

名無しさん
2016/12/27 10:49
ネットのない時代だから、今、田中角栄いたらどうかね。

名無しさん
2016/12/27 09:45
田中角栄は偉大だが、娘の真紀子と弟子の小沢一郎の今の姿は情けないなあ。

名無しさん
2016/12/27 09:45
日本を変えた人だ。

名無しさん
2016/12/27 10:02
良いように脚色するからね。

名無しさん
2016/12/27 09:44
「まあその~」と「よっしゃよっしゃ」だけは覚えている。

名無しさん
2016/12/27 09:42
マスコミは勝手だね!昔は田中角栄を諸悪の根源のごとく報道し、本が売れるとなるともてはやす。そのうち鳩山由紀夫・菅直人・森喜郎あたりもいずれ再評価されるのかな?絶対無いと思うが。

名無しさん
2016/12/27 10:35
人間的に魅力がある政治家が今はいないから、過去の政治家にそれを求めるのかな。せめて、外国に物が言える政治家が1人くらいいてほしい。

名無しさん
2016/12/27 09:44
こんなカリスマ性のある政治家は、今後出てこないんじゃないかな。

名無しさん
2016/12/27 09:57
先行きが不安になると人は強いリーダーを求めるものです。ナポレオンやヒトラーのような。ドゥテルテやトランプが出てきたのと同じ。まぁ独裁的で強いリーダーは変化をもたらすけど、長続きはしないよね。

名無しさん
2016/12/27 09:45
今の政治家の人は仕事はできないのにお金のことは問題だらけ、仕事がしっかりできれば問題ないとおもう。貸したかねは忘れろ。借りたかねは忘れるな。

名無しさん
2016/12/27 10:51
33の議員立法。この数字が彼の偉大さを物語っている。

名無しさん
2016/12/27 10:16
あの時代は真面目に働いていれば誰もが幸せになれる時代だった。角栄くんはお金に逸れちゃったのは残念。今の時代はアベノミクスの裏をかけば誰もが幸せになれる。

名無しさん
2016/12/27 10:15
よっしゃ!よっしゃ!の角栄さん。政治家ってのは角栄さん位の牽引力があった方がいい。今の国会議員と比べたら大型ダンプと軽トラって感じだな。良く思わない人もいるかもしれないが、日本のためにはとても貢献した人だと思う。

名無しさん
2016/12/27 10:56
今の総理に歴史に残る成果って無いよね。戦争法を強行裁決した事ぐらいかな。

名無しさん
2016/12/27 10:44
強く物申せる人がいないからね。

名無しさん
2016/12/27 11:07
「立花隆」とか言うあたかも「正義の代弁者」みたいな胡散臭い人が、ヒーローになっていた記憶がある。正義を振りかざす言論が、時間が経つと霞んで消えていくのはなぜか?今、この時をしっかり見ることの難しさを感じる。角栄さんにはアメリカにつぶされるほどの存在感があった。

名無しさん
2016/12/27 10:02
功罪が大きすぎて単純な評価と批判では語り尽くせない。そんなところが消費者の興味を掻き立てるし、出版側も多様な論評を供給しやすいんでしょう。

名無しさん
2016/12/27 10:50
それだけ年寄りが多い国になってしまったということ。

名無しさん
2016/12/27 09:59
角栄が教員の待遇をよくして、優秀な人材が集まり、学力が上がった。

名無しさん
2016/12/27 09:56
今の政治家はサラリーマンだけど、政治家・人としての魅力が有る。

名無しさん
2016/12/27 10:12
立花隆、筑紫哲也達は今思えば反国家的ジャーナリストだったように思えてならない。

名無しさん
2016/12/27 10:04
B級でいいから、映画「帰ってきた田中角栄」が観てみたい。

名無しさん
2016/12/27 10:03
男塾にもカクエイってキャラが1期生として出てきたが・・・。他人の空似だな。

名無しさん
2016/12/27 10:43
良くも悪くも今の政治家に『田中角栄』のように信念を持って政治家をしていると感じる人物がいないからね。

名無しさん
2016/12/27 10:23
独立しようとして嵌められた めでたい評論家が鬼の首をとったように騒いだ。

名無しさん
2016/12/27 10:49
この時代の政治家は、真剣に「日本」のことを考えていたんでしょうね。今じゃ、明日のわが身の「一票」のことしか考えてないように見えるよ。

名無しさん
2016/12/27 10:38
自分の身一つで日本の宰相にまで上り詰めた人だからだと思う。今の時代は平等・自由競争といいながら、実は親が裕福な人ほど良い生活ができることが強く実感されて、閉塞感や諦め感が社会に広がっている気がする。だから角栄のように自分の力だけで昇っていった人に対する憧れや賞賛、そしてそういう時代に対するノスタルジーのようなものを感じる人が多くなるんだと思う。

名無しさん
2016/12/27 11:07
彼は類まれな、比肩する者が無いほど優秀な政治家であったのは確かだが、国民にとって良かったかどうかは、また別の話。右肩上がりの成長時代には通用したが、それが止まった90年代以降、彼が作ったモデルはすべて破綻。そのツケを今、我々が支払っている。まぁ、逆に、40年以上経っても、彼が作ったレールに乗って、今も動いている。と考えれば、すごいねw

名無しさん
2016/12/27 09:38
カエルの子はカエルには成らなかったのが無念でしょうね。

名無しさん
2016/12/27 10:45
記憶力の良い人だったそうです。後援会の人の家族構成まで覚えていてこう言いました。「お前の所のせがれそろそろ大学だろう。大丈夫なのか?」そう言われたら嬉しいですよね。お金の使い方を含め、人の琴線に触れるのが上手い人だったと思いますね。

名無しさん
2016/12/27 10:25
プライベートのスキャンダルが致命的になったのは宇野総理以降かな。

名無しさん
2016/12/27 10:42
あの時、叩きすぎたという、後ろめたさじゃない。

名無しさん
2016/12/27 10:15
石原はこれに乗っかって「天才」を出したのかな?だとしたら印税ウハウハだろうな。

名無しさん
2016/12/27 10:42
田中角栄は当時だったから大成できた政治家だと思います。今現在、出てきても、大物になる前に潰されて終わると思いますが。。。

名無しさん
2016/12/27 10:14
伝えられている事が事実なら、部下は仕事がしやすかったと思う。どこかの会長みたいな、責任もとれない元総理に比べれば。小池さんは手法や思考は嫌いだが、前任者のミスを了解したうえで職務を遂行していることは評価できる。今後づっと続けばだが。「私の知らないことだ」というなら、その時点で会長職を辞退すべき。

名無しさん
2016/12/27 09:50
まぁこの〜なんだなぁ。

名無しさん
2016/12/27 10:33
今で言うと国民ファーストであり、生活が豊かになる政策を確実に実施した。さらに実施するのは官僚を掌握するなどもあった。それらは単に結果を出そうとするのでなく、どのようにすれば確実に実施できるかを模索しながら行動していた。

名無しさん
2016/12/27 10:04
この位の大物は、出ないでしょう。

名無しさん
2016/12/27 09:29
立花隆に感想を聞いてみたい。

名無しさん
2016/12/27 10:43
鳩山由紀夫と菅は絶対にこうならない!

名無しさん
2016/12/27 10:59
少なくとも、当時の自民は、世襲議員の集合体ではなかった。55年体制とはいえ、与野党の論戦には凄みがあった。

名無しさん
2016/12/27 10:03
小泉元総理もだけど、良し悪しは別として、有言実行の人は分かりやすく、魅力がありますね。

名無しさん
2016/12/27 11:07
日中正常化、今思えばよかったのか悪かったのかわからないですね。あの時もっと日本に有利にできなかったのかな?尖閣のことははっきりさせるべきでした。でも言っていることはさておき、魅力的な政治家ですね。今彼がいたら???ですけど

名無しさん
2016/12/27 10:47
実は中央工学校卒業で、アントキの猪木の先輩にあたる。

名無しさん
2016/12/27 09:53
それは角栄の良し悪しじゃなくて、この編集者の人生観が良かったから、良い本になったってことだよ。

名無しさん
2016/12/27 10:07
一般論ですが、面白い「歴史物語」が好きな人ほど、「歴史的事実」に無知なのに、歴史通を自認していますね。

名無しさん
2016/12/27 09:43
簡単に言えば、お金の使い方がうまく、それで人を動かしていた。今の時代ではアウト。

名無しさん
2016/12/27 10:19
都知事本も出してもらいたいもんだ。どんだけテキトーな仕事をしてたか筒も隠さずにね。

名無しさん
2016/12/27 09:35
やっと公平で正しい評価がされるようになったということだ。

名無しさん
2016/12/27 10:11
カリスマ性ね。

名無しさん
2016/12/27 10:40
夢のある真の政治家。今の何もしない政治家のお手本にしてほしい。ロッキード事件はアメリカが田中角栄氏に脅威を感じたから罠を仕掛けたのだろう。

名無しさん
2016/12/27 09:54
純粋に人間的な見方で言えば、面倒見が良く人情味あふれた人物だった。好き嫌いは別にして鈴木宗男とか元和歌山市長の旅田卓宗も同様だろう。鈴木・旅田両氏ともに、彼らの地元では慕う人も多い。勿論、政治家として法に触れる事をしたという側面は評価する訳にはいかないが。

名無しさん
2016/12/27 09:55
俺は角栄を世間ほど評価してないから、正直、昨今のブームには裏があるんじゃないのかと疑問を持ってしまう。

名無しさん
2016/12/27 10:25
国民が大きな変化を求めている時に、大きな変化をもたらした政治家。

名無しさん
2016/12/27 09:57
反米感情の激化。

名無しさん
2016/12/27 10:35
角栄さんは悪いことをやったんだけど、良いこと・みんなに喜ばれることももっとやったんだよ。それだけ魅力があったと考えます。今の政治家は・・・そういう人はいなくなったよな。

名無しさん
2016/12/27 09:52
安倍ちゃんには無い懐の広さがありますよね。本当に同じ総理大臣?って思うぐらい、違うよね……。

名無しさん
2016/12/27 10:44
安倍晋三の本は売れなそう。

名無しさん
2016/12/27 10:19
今は売国奴みたいな議員が増えたが、彼は第二次大戦の時は上等兵として戦い、戦後も国益の為に闘った人だと思う。彼が戦後政治に残した功績は大きい。身近なものでも今ある新幹線やインターネット、携帯電話みたいなものなんてのは、彼の時代には既にその登場が計画され実現されてきたものばかりだ。そういう慧眼の鋭さにも圧倒される。中共を延命させる要因ともなってしまったが、日中国交回復も彼でしかなし得なかったのではないか。結局日本を真の独立国とすべくエネルギー問題に対応した動きをアメリカのキッシンッジャーから目をつけられてしまったのが、彼の運の尽きであった。その後の首相の顔ぶれはご存知の通りアメリカのポチのような存在ばかりになってしまった。金権政治の権化と言われたが、彼は自らの懐を肥やす事ばかり考えているせこい政治家ではなかったと思う。そういう意味では非常にさっぱりしていた方じゃなかったかなと。

名無しさん
2016/12/27 09:46
「天才」の表紙をパッと見たとき、鼻毛を切っているのかと思った。

名無しさん
2016/12/27 10:44
夢よもう一度、かな。トランプ現象とかぶるような・・・。

名無しさん
2016/12/27 10:14
今の日本、そこまで政治に対して魅力を失っているからでしょ。角栄が魅力的な人物であることは確かだが、優秀かどうかは人によって評価が分かれるところ。

名無しさん
2016/12/27 10:36
いわゆる記憶の美化。角栄を評価して愛弟子の小沢を評価しないのはおかしい。

名無しさん
2016/12/27 09:45
竹下登本を出してほしい。じゃないと田中角栄へのブームは一過性に終わると思う。

名無しさん
2016/12/27 10:32
以前NHKの未解決事件シリーズでロッキード事件やってたけどアメリカの外交官が田中角栄を「Shitatakamono(したたかもの)」と表現してた。今日本に相手国からそう思われるような政治家はいるんだろうか。外交においては外面のいいイエスマンばかりじゃないだろうか。結局政治家として一線を越えてしまったわけだし、彼のやった行いを肯定するつもりもないけど、でかい態度に見合うだけの実績も存在感もあったな。森なんて態度だけいっぱしで大物気取りだけど、実績も行動力も田中角栄の足元にも及ばない。

名無しさん
2016/12/27 09:58
ブームで終わりますね。

名無しさん
2016/12/27 09:45
清濁併せ呑んで国を良くする事に邁進した。本当のすごい政治家だったのだと思います。

名無しさん
2016/12/27 10:02
それによってどんなメリットが生まれたのですか。