• うつ病

昨日の記事は、うつ病になりやすい思考の癖というのがあり、その改善には認知行動療法が効果があるというものでした。

確かに僕はこのような「認知の歪み」があり、自分でも自覚しているところもあります。

この認知の歪みを正さなければ、仮に薬物療法や運動療法、生活療法でうつ病が治ったとしても、再発してしてしまう可能性があります。

実際に僕は、うつ病の改善と再発を何度も繰り返しています。

認知の歪みを正すことは、うつ病の改善にとっても重要な事なのだと思います。

僕の経験からいうと、例えば人と会話した時に、「あんな事を言ってしまって、きっとこんな風に思われているかもしれない。」と勝手に悪い風に考えたりします。

そして、次の日などに「昨日は、あんな事を言ってしまってスミマセン!」なんていうと、相手は何にも気にしていなかったという事が、しばしばあります^^;

いわゆる「正常な考え方」をする人からすると、僕の考え方というのは「歪んでいる」と思われるのかもしれません。

このような認知の歪みを自分自身で客観的に見れるようにしていかなければならないですね。

他人の顔色をものすごくうかがってしまう

そして、このような認知の歪みに関連しているかもしれない事に、僕は他人の顔色をものすごくうかがうという事があります。

例えば、他人が嫌な顔をしているのを見ると、自分が何か気に触ることをしてしまったのかもしれないと考えてしまいます。

単に別件で嫌な顔をしているだけなのに、全部自分が悪いという風に思ってしまうのです。

なので、他人が嫌な顔をしているのをみるのが苦手です。

そして、自分に対して直接嫌な顔をされたりすると、すごく考えすぎてしまうし落ち込んでしまいます。

そして、その事をずっと引きずって、なかなか気持ちを切り替えることができません。

このような事もうつ病になってしまう原因なのかもしれないなと思っています。

このような考え方を直すためには、認知行動療法について学んだり、自分の事を客観的に見る訓練が必要なのでしょう。

薬物療法や運動療法、生活療法と同時に、認知行動療法についても学んでいきたいと思っています。