アドセンス新仕様「サイトを追加」に合格する為の最初の一歩

2018年10月下旬くらいから、Googleアドセンスの「サイトを追加」に関する仕様が変更になりました。

今までは、アドセンスアカウントの審査に一度合格してしまえば、

その後は、ポリシーに準拠したサイトであれば、審査不要でアドセンス広告を掲載することができました。

しかし、今回の仕様変更によって、新たにサイト追加する際にも、審査が必要となりました。

そこで、今回の記事では、実際に新規でサイトを1から作成してみて、

アドセンス新仕様「サイトを追加」に合格するまでに、僕がやったことをシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

独自ドメインでのブログ作成。テーマは「Cocoon」を使用

新仕様となったGoogleアドセンスの「サイトを追加」の審査に追加するために、

まず僕がやったのは、ムームードメインでの独自ドメインの取得。



「ムームドメイン」は、国内最大級の独自ドメイン取得サービスです。
初心者でもわかりやすいサービスなので、初めて独自ドメインでブログ作成するという方におすすめ。

  
次に、レンタルサーバーに関しては、以前から契約しているエックスサーバーを使用しました。



「エックスサーバー」は、高速かつ高機能、稼働率99.99%の高い安定性を誇る高品質レンタルサーバーです。
データーのバックアップも自動的に取ってくれる心強いサーバーなので、おすすめです。

 
WordPressをインストール後、テンプレートはわいひらさん作の無料WordPressテーマである、「Cocoon」を使用。

「Cocoon」は「simplicity」の後継となる無料テーマです。

僕は今まで「simplicity」を使用させてもらっていたのですが、

今回新規サイト作るをにあたって「Cocoon」を使用させてもらうことにしました。

「Cocoon」の初期設定は、最初はちょっと難しいかなと思ったのですが、

いろいろと調べて、カスタマイズしているうちに、だんだんと慣れてきました。

慣れてくると、「simplicity」よりもさらに使いやすくなったテーマだなと思うようになってきました。

WordPressブログの初期設定後、サイトテーマを決める

独自ドメインで作成したブログにWordPressをインストールし、テーマは「Cocoon」を使用。

Googleアナリティクス、Googleサーチコンソール、プラグイン、WordPressの初期設定行ったあと、

「Cocoon」を適用したブログのデザインをちょこっとだけ変更。

ブログのデザインは、凝りだしたらキリがないので、ある程度シンプルな感じにできたところで終了。

いよいよ、新仕様となったGoogleアドセンスの「サイトを追加」の審査に向けて作業開始です。

まず、最初に行ったのは、「わかりやすいサイト名」にすることです。

今回、審査に提出するブログのテーマは、「恋愛」に決めていたので、

ブログの内容がはっきりわかるようなタイトルをつけました。

やはり、僕は今回の新仕様の「サイトを追加」で審査を受けるのは初めてなので、

まずは、1つのテーマに特化したブログの方が無難だと思い、

「恋愛」特に「女性心理」をテーマにしたブログを作ることにしました。

運営者情報、サイトマップ、お問い合わせ、プライバシーポリシーの設定

ブログのテーマを決定し、「わかりやすいサイト名」を設定後、

次に取り掛かったのが、グローバルメニューとサイドバーの内容を決定することです。

アドセンスブログの審査に関する情報をいろいろと調べていると、

必要だと思われるものに、「運営者情報(=プロフィール)」「サイトマップ」「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」があります。

この中で、必須だと思われるものは「プライバシーポリシー」なのですが、

今回は、新仕様の「サイトを追加」の審査に初挑戦するために、上記の4つはすべて設定しようと思います。

グローバルメニューには、左から「ホーム」「サイトマップ」「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」を設定。

サイドバーには、上から「運営者情報(=プロフィール)」「検索BOX」「カテゴリー」「最近の投稿」「アーカイブ」「メタ情報」を設定。

以上を設定した後、いよいよコンテンツとなるブログ記事を投稿していきます。

 
続きの記事はコチラ↓↓↓
アドセンス新仕様「サイトを追加」の審査に通過する為のコツ