月別:2020年09月
ホームPage 1 / 11
  • うつ病

今日は、新規で立ち上げたアフィリエイトブログの設定の続きをやる予定でいました。

しかし、朝から鬱の状態が悪く、なかなかベッドから起き上がることができません。

何もすることができずに、ただただベッドの上で時間が経過していきます。

午前中はベッドで横になったまま、スマホでラジコでラジオを聴いたり、YouTubeの音声を聴いたりして過ごします。

昼食を食べる為に一旦起き上がるも、その後は再びベッドで横になります。

本当は5分でも良いので、パソコンで作業をしたいと気持ちばかり焦りますが、まったくやる気がおきません。

結局、次に起き上がったのは夕食時。

その後もやる気が起きずに、お風呂に入る気力もなく、そのまま就寝することになりました。

行動しなければ、結果を得ることはできな

今回、鬱が酷くなった原因は、やはり昨日の作業で精神的にストレスを受けたからかもしれません。

自分の中では、現在は頑張りすぎたり、無理をすると鬱が酷くなるので、無理しないようにしています。

昨日は、いろいろとトラブルが多かったですが、メンタル的には大丈夫な感じだったのですが^^;

そして、本当に鬱が酷くなると、やる気が起きずに、まったく何も行動ができずに時間だけが経過してしまうのが辛いです。

行動しなければ、結果を得ることができないという事は、頭ではわかっているので、体が思うように動かないのが、とても歯がゆいです。

明日は、ちょっとでもいいので、何とか作業できることを祈ります。

  • うつ病

昨日は鬱の状態が酷く、1日中寝たきりの状態で過ごしました。

ご飯を食べる以外には、何もやる気が起きずに、お風呂にも入る気力も無く就寝。

今日こそは、新規で立ち上げたアフィリエイトブログの設定作業を少しでも行いたいと思っていました。

しかし、朝、目が覚めると、相変わらず鬱の症状が酷いです。

まったく何も行動することができないまま、時間だけが経過していきます。

そして今日も、何もやる事ができないまま、1日中ベッドの上で横になっていました。

うつ病特有のネガティブ思考で絶望的な気持ちに

まったく何も行動することができずに、1日中ベッドの上に横になっていると、精神的にどんどん凹んでいきます。

うつ病になると、物事をネガティブに考えてしまうので、ついつい将来の事などを考えてしまい絶望的な気持ちになってしまいます。

「このまま症状が回復せずに、ずっと寝たきりだったらどうしよう。」

「自分のうつ病は、もう一生良くならないのかもしれない。」

などなど、悲観的な考えが、次から次から頭に浮かんできます。

1日中寝たきりで、何も出来ずに時間だけが経過していくと、気持ちはどんどん焦ってきます。

しかし、何もやる気が起きずに、自己否定感でいっぱいになってしまいます。

明日も起き上がれないのではないかと思うと、心がどんどん苦しくなっていきます。

何とか明日は、今日よりも状況が良くなってほしいと願いながら就寝します。

  • うつ病

昨日は、独自ドメイン+WordPressでのアフィリエイトブログの作成に取り掛かりました。

自分的には、WordPressでのブログを立ち上げ、テンプレートを導入して、プラグインの設定まで終わらせたいと思っていました。

しかし実際には、思っていた事の40%程度しか行動できませんでした。

独自ドメインを取得して、レンタルサーバーに設置。

その後、WordPressをインストールして、SSL設定。

その後、テンプレートを導入しつつ、いくつかのプラグインを設定した所で力尽きました。

うつ病の方の現状は、抗うつ薬を飲んでいれば、何とかパソコンでの作業はできるという感じです。

しかし、鬱でだるかったり、気力がでなかったりするので、思っている事の30~40%くらいしか行動できません。

ここで無理して頑張ってしまって、うつ病を悪化させていまっては元も子もないので、あまり無理せずに淡々と作業したいと思っています。

うつ病が冬に悪化する時の対処法

また、僕は毎年、冬になると体調が悪くなります。

寒くなるとうつ病の症状が悪化してしまう事が多いです。

うつ病を発症していますのは、脳内物質であるセロトニンと関係があるといわれます。

うつ病になりやすい人というのは、元々このセロトニンを作る力が弱い場合が多いです。

セロトニンを作る為には、日光を浴びることが重要なのですが、冬になると日照時間が短くなります。

なので、冬になると精神的に調子が悪くなってしまう人が多いのです。

確かに僕は、冬で天気が曇っていたり、さらには雨が降っていたりすると、かなり調子が悪くなってしまいます。

今は1日中ベッドで寝ているという事は、なんとか回避できていますが、かなり行動エネルギーは下がっています。

セロトニンを作る為には、日光を浴びる事に加え、歩くということも効果があります。

なので、冬にうつ病がつらい時の対処法としては、朝に散歩することが良いといわれています。

天気が悪い時は、なかなか行動する気力がおきてきませんが、できるだけ歩いたりランニングなどの運動をしていこうと思っています。

現状では、調子が悪いからといって1日中ベッドで横になっていると色々と考えしまい、さらに調子が悪くなってしまいます。

ですが、つらいながらもパソコンで作業したり、体を動かすことで、なんとかモチベーションを維持していきたいです。

  • うつ病

うつ病になりやすい人の特徴というのは、あるのでしょうか?

現在、うつ病の治療中である自分自身のことを客観的に見た場合、1つの特徴に思い当たります。

それは「頑張りすぎる。」という事です。

何事を行うにも、すぐに頑張りすぎて燃え尽きてしまいます。

自分のポテンシャルが100だとしたら、120くらいの勢いで頑張ってしまうのです。

うつ病になった経験がある方であれば、何となくわかってもらえるのではないでしょうか?

そして、人と会話していても、口癖にように「頑張ります!」と発言する事が多いです。

その人の発言というのは、言ってみればその人の思考が表れてしまうものなので、僕は常に頑張る思考になってしまっているのかもしれません^^;

しかし、さすがに過去の経験から、自分は頑張りすぎると鬱になる事がわかってきました。

なので、最近では自分の事を客観的に見る機会を増やして、なるべく淡々とするようにしています。

日本人は頑張るのが好きと言われますが、5年10年20年と頑張り続けられる人というのは、ごく僅かだと思います。

淡々と飄々とやるべき事を行うというスタンスでやっていきたいものです。

頑張ると継続できない

頑張ることの弊害として、「継続することができない。」という事があります。

僕は何かをはじめるとすぐに頑張ってしまうので燃え尽きやすく、継続することが苦手です。

しかし、世の中で結果を出す為には、継続すること、続ける事というのはとっても大事です。

もっというと、継続しなければ結果を得ることができないのかもしれません。

継続する為のコツは、やはり頑張りすぎない事だと思います。

また、その事を楽しむことができれば、さらに良いですよね。

例えば、ブログの記事更新なども肩に力が入りすぎて、一生懸命頑張ると続かないと思います。

なので、記事更新も楽しみながら、飄々と淡々と継続していきたいものです。

  • うつ病

昨日の記事は、うつ病になりやすい思考の癖というのがあり、その改善には認知行動療法が効果があるというものでした。

確かに僕はこのような「認知の歪み」があり、自分でも自覚しているところもあります。

この認知の歪みを正さなければ、仮に薬物療法や運動療法、生活療法でうつ病が治ったとしても、再発してしてしまう可能性があります。

実際に僕は、うつ病の改善と再発を何度も繰り返しています。

認知の歪みを正すことは、うつ病の改善にとっても重要な事なのだと思います。

僕の経験からいうと、例えば人と会話した時に、「あんな事を言ってしまって、きっとこんな風に思われているかもしれない。」と勝手に悪い風に考えたりします。

そして、次の日などに「昨日は、あんな事を言ってしまってスミマセン!」なんていうと、相手は何にも気にしていなかったという事が、しばしばあります^^;

いわゆる「正常な考え方」をする人からすると、僕の考え方というのは「歪んでいる」と思われるのかもしれません。

このような認知の歪みを自分自身で客観的に見れるようにしていかなければならないですね。

他人の顔色をものすごくうかがってしまう

そして、このような認知の歪みに関連しているかもしれない事に、僕は他人の顔色をものすごくうかがうという事があります。

例えば、他人が嫌な顔をしているのを見ると、自分が何か気に触ることをしてしまったのかもしれないと考えてしまいます。

単に別件で嫌な顔をしているだけなのに、全部自分が悪いという風に思ってしまうのです。

なので、他人が嫌な顔をしているのをみるのが苦手です。

そして、自分に対して直接嫌な顔をされたりすると、すごく考えすぎてしまうし落ち込んでしまいます。

そして、その事をずっと引きずって、なかなか気持ちを切り替えることができません。

このような事もうつ病になってしまう原因なのかもしれないなと思っています。

このような考え方を直すためには、認知行動療法について学んだり、自分の事を客観的に見る訓練が必要なのでしょう。

薬物療法や運動療法、生活療法と同時に、認知行動療法についても学んでいきたいと思っています。

  • うつ病

昨晩も良く眠れなかった為、日中は頭が回らずボーッとしたまま過ごす。

頭に浮かんでくる事といえば、ネガティブな事ばかり。

ネガティブ思考だからうつ病になるのか?

うつ病だからネガティブ思考になるのか?

個人的には、元々ネガティブ思考の人がうつ病になると、さらにネガティブ思考が強くなるのかなと思います。

うつ病やネガティブ思考の改善には、認知行動療法が効果があるといわれています。

うつ病になりやすい思考の癖とは?

僕もそうですが、うつ病になりやすい人というのは、うつ病になりやすいような考え方をしています。

ネガティブ思考だったり、物事を悪い方に捉えて勝手に落ち込んだりします。

例えば、職場などでこちらが挨拶をしたのに無視されたといます。

すると僕などは「きっと何か自分が気に入らない事をしたから嫌われているのかもしれない。」というように考えてしまいます。

実際には、単にこちらの挨拶が聞こえなかったのかもしれない。

また、何か他に考え事をしていたもしれない。

なのに、自分が嫌われていると思い込み、勝手に落ち込んでしまう事がよくあります。

そして、後になって自分の取り越し苦労だったという場合が大半です。

うつ病になりやすい人は、このような「思考の癖」があり、その癖を直すのが認知行動療法なのです。

認知行動療法で思考の癖を直す

うつ病を治すために効果的な療法は、薬物療法・運動療法・生活療法・認知行動療法といわれます。

薬物療法は、抗うつ薬や睡眠薬をしっかりと服用するという事。

運動療法は、定期的に有酸素運動を行うという事。

生活療法は、早寝早起きなどきちんとした生活スタイルを送るという事。

そして、認知行動療法とは、うつ病になりやすい思考の癖を直すという事です。

うつ病になりやすいタイプの人特有の考え方の癖を直さないと、仮にうつ病が回復したとしても、またストレスがあると同じように考えて再発してしまう確率が高まります。

なので、僕は最近では自分の「思考の癖」を客観的にみるようにして、なるべくネガティブ思考にならないようにしています。

何でもかんでも悪い風に考えずに、プラスに考えるようにしていきたいと思います。

  • うつ病

昨晩は、寝る前に睡眠薬のブロチゾラム錠0.25mgと抗うつ剤のスルピリド錠100mgを飲み、21時頃就寝。

何とか眠ることができましたが、途中何度も目が覚めてしまう。

いわゆる中途覚醒。

結局、朝4時に目が覚めてからは、眠れなくなってしまいました。

最近は、毎日睡眠薬を飲んでいるのですが、睡眠薬を常用していると、さらに睡眠障害が悪化してしまうのかなと思ったりもしました。

本当は運動などをしっかりして、睡眠薬なしでも眠りたいものです。

そもそも1日中ベッドに横になっていたら、夜眠れなくなってしまうのは当然かもしれないですね。

鬱の症状が重い時は、横になっていないと辛いのですが、ずっとベッドに横になっていてもうつ病は良くならないと考えています。

少しずつでいいので、日中はできるだけ横にならないでいようと思います。

眠れない事に神経質になりすぎ?

一方で、僕は眠れないという事にちょっと神経質になりすぎているのかもしれないとも思います。

確かに、よく眠れないと次の日に頭は回らないし体調も悪いのですが、それが普通だと考えるのもありかもしれません。

よく眠れない事について、あまり考えすぎないようにした方が良いのかもしれません。

頭が回らなくても体がふらついても、それがデフォルトと思って、やれる事をやっていく。

ちょっと自分は悩みすぎのところがあります。

考えすぎるタイプだからうつ病になるのか、うつ病だから考えすぎるのか…。

いずれにしても、あまり眠れないことに神経質にならないようにしたいと思います。

  • うつ病

今日は、2週間に1度の心療内科の通院日です。

診療の予約時間は、10時30分。

前日は鬱がひどかったので、20時頃にはベッドに入りました。

しかし、全然眠れない。

現在は睡眠薬と抗うつ薬を毎日飲んでいるので、眠れないという事はほとんどなかったのですが、まったく眠れる気がしません。

寝よう寝ようと思っても気持ちが焦るばかりで、結局ほとんど眠れませんでした。

朝の8時に何とか気力を振り絞って、ベッドから起き上がりました。

食欲もほとんどなかったので、何も食べずに4駅先にある、かかりつけ心療内科に向かいます。

心療内科の診察にて抗うつ薬を増量

診察の予約をした時間は10時30分だったのですが、病院についたのは9時30分過ぎ。

待合室には、10人ほどの患者さんがいました。

前日ほとんど眠っていない事もあって、何もする気が起きなかったので、ただただボーッとしていました。

今日は空いていたという事もあり、10時過ぎには自分の名前が呼ばれました。

心療内科の先生に、薬はちゃんと飲んでいるのですが、鬱の症状がひどい時がある事を伝えると、薬の量を増やしてみましょうとの事。

現在服用しているのは、睡眠薬のブロチゾラム錠を0.25mg(ヨシトミ)と抗うつ剤のスルピリド錠を50mg(アメル)。

今回は試しにスルピリド錠を50mgから100mgに増やしてみる事にしました。

その後薬局で、薬を処方されて家に帰宅しました。

全く眠れない状態が続く

帰宅してから、食欲はあまりありませんでしたが、ちょっとだけ昼食を取った後に、抗うつ薬のスルピリド錠を飲む。

その後、依然として調子が悪かったので、ベッドに横になりながらラジオを聴いていました。

少しは眠れるかと思いましたが、眠れないまま夜になってしまいました。

眠れなくても、目をつぶって横になっているだけでも休息になるという話を聞いたことがあります。

しかし、個人的にはやはり眠らないと頭がまったく回らなくなり、体調もすぐれません。

夜には、抗うつ薬のスルピリド錠に加え、睡眠薬のブロチゾラム錠も飲みます。

何とか、今晩は眠れると良いのですが…。

  • うつ病

うつすけです。

現在、うつ病を治療中で、副業としてアフィリエイトを実践しています。

このブログは、うつ病を回復させる為に有益だったことやアフィリエイトの実践記について書いていこうと思っています。

こちらのブログを訪問してくれた方が、読んでみて良かったと思えるような情報発信をできるようにないたいです。

僕のうつ病の現状

僕のうつ病の現状ですが、良くなったり悪くなったりの波があるという感じです。

日によっては、1日中ベッドから起き上がれず、ずっと横になっているという時もあります。

そして、2週間に1度心療内科に通いながら、睡眠薬と抗うつ薬を処方されています。

規則正しい生活や運動、食事などに気をつけるようにして、できれば薬は使用しなくてもよいという状態になりたいです。

このブログでは、実際にうつ病の治療に効果があった事を書いていきたいです。

それによって、現在同じようにうつ病で苦しんでいる方のお役に立てれば良いなと思っています。

アフィリエイトという選択肢

アフィリエイトに関しては、過去に色々な事を実践してきました。

しかし、今回心機一転、1からブログを作成して、その実践記を残していくことにしました。

このブログとは別に、アフィリエイト実践用のブログを作り、その結果を書きしるしていきます。

うつ病などの精神疾患になってしまうと、普通に会社員として働くという事は、なかなか困難だと思います。

そのような悩みを持っている方へ、アフィリエイトでお金を稼ぐという選択肢もあるという事をお伝えしたいです。

このブログと出会えて良かったと思ってもらえるような、記事更新を心がけていきたいと思います。

よろしくお願いします。

ホームPage 1 / 11