フォローアップクエスチョンを使った会話で恋愛上手を目指す

モテる男性とモテない男性というのは、会話の仕方に大きな違いがあります。

職場や学校に気になる女性がいる場合に、モテない男性というのは、

どのような会話をすればいいのかわからずに、ついつい自慢話や自虐ネタをしてしまいます。

しかし、女性に対して、自慢話や自虐ネタは基本的にNGです。

そもそも女性というのは、自分の話を聞いてもらいたいという性質を持っているので、

自分の話したいことを話すのではなく、相手の話を聞いてあげるというスタンスの方が好印象を与えることができます。

では、どのように相手の話を聞いてあげれば良いのでしょうか?

その答えは、「相手に興味を持って質問する。」という事がポイントとなってきます。

今回は、モテる男性が実践している会話術について、書いていこうと思います。

スポンサーリンク

自慢話や自虐ネタはNG

職場や学校で気になる女の子がいるのだけど、何を話せばいいのかわからないという男性も多いと思います。

そんな時に、ついつい男性は自己アピールしたい為に自慢話をしてしまったり、

話すことがないので、自虐ネタをくり出してしまったりしてしまいます。

女性に対して自慢話をしても、実はあまり好印象を与えられないですし、

自虐ネタをしても、それほど好感触を得られなかったという経験をされた方もいるでしょう。

では、女性にモテる人は、どのような会話をしているのでしょうか?

実は、「相手に興味を持って質問している」というのが上手な会話の秘訣なのです。

女性との会話が上手な男性というのは、「上手に質問できる人」という事になります。

フォローアップクエスチョンで深掘りしていく

女性にモテる会話術のポイントは、「相手に上手に質問できる人」という事がわかりました。

では、どのような質問をしていけばよいのでしょうか?

ここで有効なテクニックとして「フォローアップクエスチョン」というものがあります。

フォローアップクエスチョンとは、こちらが質問をして、女性が言った回答に対して、

さらに質問を深掘りして、繰り返していくことをいいます。

このように質問していくことで、この人は自分の話をちゃんと聞いてくれていると思いますし、

自分に興味を持ってくれていると思ってくれます。

僕もこのフォローアップクエスチョンは、実際に興味がある女の子との会話で使うことがあるのですが、

このように相手の回答を深掘りしていくと、とてもその相手の反応が良いです。

そもそも男性というのは、自分の話ばかりしてしまい女性の話を聞かない傾向がありますし、

相手の話を深掘りしていく男性というのも少ないのではないでしょうか?

こ女性に対してフォローアップクエスチョンをしていくことは、とても効果的な事なのです。

フォローアップクエスチョンの使い方

フォローアップクエスチョンは、必ずしもその場だけで有効なテクニックではありません。

例えば、気になる女の子と会話した数日後に、また以前に話した内容について、

フォローアップクエスチョンをするのも効果的です。

このようにすることで、女性はこの人は自分との会話を覚えていてくれたと好感を持ってくれます。

実際に僕は、ちょくちょくこのような事をしますが、基本的に好印象を与えたという事が多いです。

このようなことを繰り返していくことで、気になる相手に対してこちらの好意を伝えることができます。

こちらの好意が伝われば、返報性の原理で、相手も自分に対して好意を持ってくれる可能性が高まります。

本当に興味のある女性との会話だったら、何を話したかなんてずっと覚えてられますものね。

以上、今回はフォローアップクエスチョンについて書いてみました。

是非、あなたも興味がある女子に、上手に質問してみましょう!!

コメント