聞き上手な男性はモテる!女性に共感を示す恋愛会話術の極意!

女性は、男性の約3倍話す生き物だと言われています。

なので、女性は自分の話を聞いてくれる「聞き上手」な男性が大好きなのです。

そして、聞き上手な男性となるために、もっとも大切なのは「共感すること」です。

女性と男性の違いとしてよく言われるのが、女性は「共感の生き物」、男性は「問題解決・目標達成の生き物」という事です。

これは、古来男性は狩りに行き、女性は集落で共同作業を行っていた時から、DNAに刻まれている事なのです。

1人では生きられない女性にとって、会話における共感こそが最重要だったからです。

そのDNAは、現在でも受け継がれていて、女性から好かれる為には、会話における「共感」がとても大事になってきます。

今回は、モテる男性は知っている、女性に共感を与える会話術について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

女性の目を見て会話する

女性に共感を示すことができる会話術のポイントの1つ目は、「女性の目を見て話す」です。

つまり「アイコンタクト」をしながら話すという事です。

モテる男性は、アイコンタクトをすると女性にモテるという事を知っているので、

常に会話する時は、相手の目を見ながら話をします。

一方で、モテない男性というのは、そもそもその事実を知らない、

また自分に自信がないので、女性の目を見ることができません。

僕の個人的な経験からもそうなんですが、これは男性だけでなく女性にもいえることです。

やはりモテる女性というもは、しっかりと相手の目を見て会話をします。

「目は口ほどに物を言う」と言いますが、やはり自分に自信がある人はしっかりと相手の目を見ます。

そしてアイコンタクトは、女性に共感を示すことができますので、是非、実践していきましょう。

あいづちとボディーランゲージを上手に使う

女性に聞き上手と思われ、共感を示すことができる会話術のポイントの2つ目は、

「あいづち・ボディーランゲージを上手に使う」です。

男性があいづちが上手だと、女性は共感してもらっているという思いが高まり、

どんどんと話をしてくれるようになります。

あいづちの例としては、「うんうん、わかる」、「おー、すごい!」、

「すごくよくわかる!」、「えー、そうなんですね!」などがあります。

このような言葉にプラスして、ボディーランゲージ(=体の動き)を同時に使うと、

さらに効果的に相手に対して共感を示すことができます。

アイコンタクトと同様ですが、僕の個人的な経験からしても、

男性だけでなくボディーランゲージを使う女性というのも、とても魅力的に見えます。

会話の時に直立不動で話す女性よりも、ボディーランゲージを交えて話す女性の方が、とっても可愛らしく感じます。

魅力的な会話術には、あいづちとボディーランゲージを使うのは、大切ですね。

相手の感情を代弁する

女性から聞き上手と思われる会話術のポイントの3つ目は、「相手の感情を代弁する」という事です。

女性は「感情の生き物」なので、会話中に相手の感情をおしはかり、

その感情を上手く代弁してあげることで、相手への共感を示すことができます。

例えば、女性が「職場の人間関係が、いろいろと複雑なの。」という話をしてきたとします。

そのような時に、「それは大変そうだね。でも、そんな状況なのによく頑張っているね。」、

というように返してあげると、女性にこの人は自分を理解してくれているという印象を与えることができます。

女性というものは、男性に「アドバイス」は求めていないので、

気になるあの子と会話する時は、常に相手の感情を理解できるように努めましょう。

以上、聞き上手と思われる会話術のポイントについて書いてきました。

すぐに使えるテクニックなので、是非、明日からでも実践していってくださいね!!

コメント