筋トレと食事制限で-12キロを達成したダイエットした体験談

僕は過去に、筋トレと食事制限で、体重を10キロ程度落とした経験があります。

ダイエットをしようと思ったきっかけは、体重が増えすぎて、

日常生活に影響が出るくらいになったからでした。

僕は、身長が174センチなのですが、その当時は普段の暴飲暴食の影響で体重は86キロありました。

身長174センチの場合の標準体重は、大体66キロなので、約20キロオーバーしていたことになります。

標準体重から、20キロオーバーしていると、さすがに日常生活にも支障があり、

睡眠の質が悪くなったり、街を歩いていてもすぐに息切れしてしまうようになりました。

このままでは、さすがにマズイと思った僕は、ダイエットをすることにしました。

今回は、そんな僕が体重を10キロ程度落とした経験について、書いていこうと思います。

スポンサーリンク

食事制限と運動でダイエットを開始

増えすぎた体重を落とす為に、ダイエットを決意した僕。

基本的には、食事制限と運動をするという方法でダイエットを行っていくことにしました。

まず、食事の面ですが、甘いお菓子やジュースが大好きな僕なのですが、それを封印。

とにかく自分の視野に甘い物を入れないようにしました。

そして、いつもは常にご飯を大盛りにしたり、パンなども何枚も食べていたのですが、

あまりご飯やパン、麺などの炭水化物を、取らないように心がけました。

運動は、腕立て伏せを中心にスクワットも少々。

そして日常生活でもなるべく階段を使うようにしたり、早足で歩くようにするといった工夫をしていきました。

そのような感じでダイエットを進めていきました。

日常生活に支障をきたすほどの体重増加だったので、とても気合が入っていた事を覚えています。

ダイエットも「継続は力なり」

ダイエットをスタートさせた直後は、甘いジュースを飲みたくなったり、

ご飯を大盛りで食べたいという気持ちがありました。

しかし、2週間もするとそのような食事制限にも慣れてきて、

それほど甘い物も欲しくなくなり、少食でもあまり気にならなくなっていきました。

だんだんと身体が慣れてきていったのでしょう。

また、腕立て伏せやスクワットも最初は、ほとんど回数ができなかったのですが、

それでも毎日継続していくことで、回数も増え、それほどツライと思わなくなっていきました。

自分の体感的にも、自らの体が引き締まってきた感覚がありました。

「継続は力なり」とは、よく言ったもので、毎日継続していくことで、

それが習慣化していき、実行するハードルがどんどん下がっていくという感じがしました。

そして、筋トレをしないと何か調子が出ない感じや、スッキリしない感覚がありました。

3ヶ月で-12キロのダイエットに成功

食事制限と筋トレによるダイエットをスタートさせた僕でしたが、開始から1~2ヶ月程度は、

体感的には、ほとんど体重も身体の筋肉量も、あまり変化した感じはしませんでした。

しかし、実際に体重を測ってみると、1ヶ月ごとに約3~4キロ程度落ちていました。

そして、3ヶ月程度経過してくると、体重が落ち、筋肉がついてきたという体感がでてきました。

その頃になると、周囲の人からも「痩せましたね!」と言われるようになりました。

明らかに見た目も変化してきたのでしょう。

実際に体重を測ってみると、86キロあった体重は74キロになり、-12キロのダイエットに成功しました。

その結果、睡眠の質も上がり、よく眠れるようになり、街を歩いても息切れすることはなくなりました。

そして、職場の女性の自分の態度が好意的に変化したような気がしました。

この時のダイエットの経験から、やはり何事も変化させるためには、

3ヶ月程度の期間が必要になってくるのだなということを思いました。

そして、ダイエットするためには、やはり食事と筋トレが大切だということを痛感しました。

以上、僕が-12キロのダイエットに成功した体験談でした。

コメント