返報性の原理やゲインロス、ミラーリングを恋愛に活用する!

職場や学校で、気になる相手に興味を持ってもらうには、恋愛心理学を上手に活用すのもひとつの手です。

「異性にモテたい」、「恋人がほしい」という方には、是非、恋愛心理学を学んでほしいと思います。

恋愛心理学として、代表的なものに「吊り橋効果」があります。

異性と揺れる吊り橋を渡ったりすると、そのドキドキを恋愛感情のドキドキと勘違いしてしまう心理の事です。

もちろんドキドキする体験であれば、吊り橋でなくても同様の効果を得ることができます。

例えば、「一緒にジェットコースターに乗る」、「ホラー映画を観る」、「お化け屋敷に入る」などです。

このように恋愛心理学を学ぶことで、あなたは他のライバルよりも有利に恋愛を展開させる事ができます。

今回は、明日からでもすぐに実践で使うことができる、恋愛心理学について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

返報性の原理で好きになってしまう

まず、当ブログの管理人が実体験として効果を感じている恋愛心理学に「返報性の原理」というものがあります。

返報性の原理とは、受けた恩を返さなければと思ってしまう心理のことです。

恋愛において、相手から好意を向けられると気になってしまい、自分も好きになってしまという場合が多いです。

実際に僕も職場で、最初は全然自分に対して興味を持っていない感じの女の子が、

自分に対して好意的な態度を見せてくれるようになって、その子の事を好きになってしまったという経験があります。

もちろん、自分の方が心の中で「魅力的な女性だなぁ」と思っていた事が、相手に通じてしまったのかもしれません。

しかし、自分に対してまったく興味を示していない女の子よりも、

少しでも自分に対して興味を示してくれる女の子を好きになってしまう事の方が一般的です。

なので、職場や学校で気になる異性がいる場合は、素直に自分の気持ちを表現する方が良い結果に繋がる可能性が高いです。

ここで格好をつけてしまったり、恥ずかしがって、まったく興味がない態度などを取ってしまったりすると、

せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。

恋愛に限らず、人生を上手に歩んでいく為には、「素直に自分の気持ちを表現する」ということは大事となってきます。

女性はギャップ効果に弱い

また、管理人が実践で効果があると感じている恋愛心理学に「ゲイン・ロス効果」というのがあります。

いわゆる「ギャップ効果」と言われるものですね。

「女性はギャップに弱い」とよくいいますが、個人的にはこれは本当の事だと思います。

基本的に、僕は職場では普段は、ふざけてばかりいるスタンスなのですが、

いざという時には、頼りがいがあるような行動にでると、周りの女子の見る目がちょっと変わるような感じがします。

これはまさしく「ゲイン・ロス効果」によるもので、これをうまく使う事で、気になるあの子の興味を引くことができそうです。

どのようにギャップを演出するのかは、それぞれの性格によって違ってきますので、

是非、ご自身で戦略を考えてみることをオススメします。

ミラーリングで相手に好意を示す

また、僕がかなり効果的だと思う恋愛心理学に「ミラーリング」というものがあります。

ミラーリングとは、相手と動きを合わせることを言います。

僕は、気になる相手の言葉遣いや態度を真似してすることで、

相手に好意を示したりする事があります。

また、気になる相手が自分の言葉遣いや態度を真似してきたりすると、

さらにその相手の事が気になってしまう事が良くあります。

皆さんも、そんな体験をされたことがあるのではないでしょうか?

好きな女の子に自分の身振り手振りなんかをミラーリングされたりなんかしたら、

すっかり心をうちぬかれて、その場に膝から崩れ落ちてしまうかもしれません(笑)

以上、今回は当ブログ管理人が実際に効果があると感じる恋愛心理学について、紹介させていただきした。

早速、明日から気になるあの子に実践してみてくださいね!!

コメント