ビジネスや恋愛で、結果を出す人と出せない人の違いとは?

世の中には、何事においても結果を出す人と出せない人というのが存在します。

両者の違いとは、果たして何なのでしょうか?

ビジネス、恋愛、スポーツ、勉強などの全てに言えることですが、

結果を出す人というのは、1つの事を短期集中的にやりまくれる人である場合が多いです。

一方で、結果を出せない人というのは、いろいろと手を出して、エネルギーが分散してしまっています。

今回は、ビジネスや恋愛などにおいて、結果を出す人と出せない人の違いについて書いていこうと思います。

少しでも、皆様のお役に立つ事ができれば、幸いです。

スポンサーリンク

ビジネスで結果を出す人と出せない人

結果を出す人は、1つの事に集中する事ができ、結果を出せない人は、

いろいろと手を出して分散してしまうという傾向があります。

ビジネスを行っていく上でも、この傾向は当てはまり、

結果を出す人というのは、1つのノウハウを短期集中的に、徹底的にやりまくります。

一方で結果を出せない人というのは、そもそもいろんなノウハウに手を出してしまう為に集中できず、

その結果、エネルギーが分散してしまい、どれも上手くいかないという場合が多いです。

いろいろな事に手を出してしまうがゆえに、どれもが中途半端になってしまい、

そのがゆえに、結果が出ないという悪循環に陥ってしまっているという事になります。

つまり、何もかもやろうとしても、人間の脳にはキャパシティがあるので、

上手くいかず、結果に繋がらないので、すぐに諦めてしまう事になるのです。

しかし、結果を出す人というのは、そもそも人間は1度にいろんなことを同時進行することができないとわかっているので、

いろんな事に手を出すことはしないで、1つの事だけに集中して行動することができるのです。

つまり、結果を出す人は、「重要な事だけに集中して、それ以外の事は捨てることができる」のです。

恋愛で結果を出す人と出せない人

以上のような事は、ビジネスの場だけではなく、恋愛においても同じ事が言えます。

恋愛において結果を得ることができる人というのは、1人の異性に意識を集中しています。

一方で、恋愛において結果を得ることができない人というのは、

多くの異性から好かれようとして、意識が分散してしまいます。

「八方美人」の人は、意外と恋愛が上手くいっていない場合が多いです。

いろんな異性を見すぎているのかもしれません。

すでに恋人同士であり、お互いに信頼関係が築けている段階であれば、

八方美人でもよいのかもしれませんが、それ以前の段階では、意中の異性に意識を集中させることは大事です。

人間の脳にはキャパシティがあると先に書きましたが、

相手の異性にとっても自分に対する意識が分散しているという事は伝わってしまうものなのかもしれませんね。

もちろん1人の異性に対して、まったく脈がないのに執着し続けるというのは良くないことですが、

まずは好きな異性ができたら、結果がはっきりするまでは、その人の事だけに集中する方がよい方向にいく確率は高いでしょう。

完璧主義を捨てて、どんどん行動しよう

ビジネスにおいても、恋愛においても、結果を出す人というのは短期集中的に、

どんどん行動する人ということがわかりました。

短期集中的に一点突破で行動するコツとしては、「完璧を目指さない」という事が挙げられます。

完璧主義に陥ってしまうと、人はなかなか行動することができなくなります。

なので、完璧を目指さずに、とれあえず「どんどん行動する」ことが重要です。

行動して学んで、行動して学んでというように、走りながら考える。

完璧主義の人というのは、難しく考えて考えて、その結果何もやらないというパターンが多いです。

このように完璧を目指さずに、1つだけに集中してとりあえず、どんどん行動する。

その結果、その事に対する経験値が貯まっていき、だんだんと慣れていくので、どんどん楽になっていきます。

楽になっていくことで、継続していくことも容易になっていきます。

いろいろと手を出してしまう人というのは、1つの事を継続できないという傾向があります。

経験値が貯まっていかないので、作業の強度がずっと変わらないからです。

ビジネスにおいても、恋愛においても、まずは1つに絞って、

あとは、「ただそれを集中してやるだけ」という状況を作り出せれば、結果を出すことが可能になってくるのかもしれませんね。

戦略・思考
スポンサーリンク
スコップ速報

コメント