筋トレと食事制限で-12キロ達成したダイエットした体験談

僕は過去に、筋トレと食事制限で、体重を10キロ程度落とした経験があります。

ダイエットをしようと思ったきっかけは、体重が増えすぎて、日常生活に影響が出るくらいになったからでした。

夜寝て、朝起きても、どうにも疲れがとれない。

何をやってもすぐに疲れてしまう。

体が重くて重くてしょうがない。

などの症状がありました。

僕は、身長が174センチなのですが、その当時は普段の暴飲暴食の影響で体重は86キロありました。

身長174センチの場合の標準体重は、大体66キロなので、約20キロオーバーしていたことになります。

標準体重から、20キロオーバーしていると、さすがに日常生活にも支障があり、睡眠の質が悪くなったり、街を歩いていてもすぐに息切れしてしまうようになりました。

標準体重から20キロオーバーというのは、僕にとって危険信号であり、体が体調不良という症状で僕に訴えかけているような感じだったのでしょう。

このままでは、さすがにマズイと思った僕は、ダイエットをすることにしました。

今回は、そんな僕が体重を10キロ程度落とした経験について、書いていこうと思います。

食事制限と運動でダイエットを開始

増えすぎた体重を落とす為に、ダイエットを決意した僕。

基本的には、食事制限と運動をするという方法でダイエットを行っていくことにしました。

まず、食事の面ですが、甘いお菓子やジュースが大好きな僕なのですが、それを封印。

当時は、甘い缶コーヒーや缶ジュースを1日で何本も飲み、チョコレートやアイスクリームなどをばかばか食べていたりしていました。

そして、ご飯やパン、麺などの炭水化物を、なるべく取らないようにしました。

仕事をしている時には、あまり食事をしなくても平気なので、職場では飲み物しかとらないということもしばしばありました。

運動は、腕立て伏せと腹筋を中心にスクワットも少々。

そのような感じでダイエットを進めていきました。

ダイエットも「継続は力なり」

ダイエットをスタートさせた直後は、甘いジュースを飲みたくなったり、ご飯を大盛りで食べたいという気持ちがありました。

しかし、2週間もするとそのような食事制限にも慣れてきて、それほど甘い物も欲しくなくなり、少食でもあまり気にならなくなっていきました。

だんだんと身体が慣れてきていったのでしょう。

暴飲暴食というのは、ある程度、習慣化の影響があると思われます。

普段から大食いをしていると、それが当たり前になって、たくさん食べずにはいられなくなってくるのです。

しかし、徐々に食事の量を減らしていくことで、少食なのが普通になってくると思われます。

また、白砂糖製品などの甘いものも、毎日摂取していると食べずにはいられなくなるのですが、我慢してとらないでいると、こちらのだんだんと我慢できるようになっていきます。

また、腕立て伏せや腹筋は最初、ほとんど回数ができなかったのですが、それでも毎日継続していくことで回数も増え、それほどツライと思わなくなっていきました。

最初は、どちらも5回程度しかできなかったのですが、毎日継続しているうちに、5回が10回、10回が20回、最終的には腕立て伏せも腹筋も、1日に50回ずつできるようになりました。

「継続は力なり」とは、よく言ったもので、毎日継続していくことで、それが習慣化していき、実行するハードルがどんどん下がっていくという感じがしました。

3ヶ月で-12キロのダイエットに成功

食事制限と筋トレによるダイエットをスタートさせた僕でしたが、開始から1~2ヵ月程度は、体感的には、ほとんど体重も身体の筋肉量も、あまり変化した感じはしませんでした。

なので、あまりその事を気にしすぎていたら、この1~2ヵ月程度で、挫折していたかもしれません。

結果が出ないと、人のモチベーションというのは、なかなか続きませんからね。

しかし幸運なことに、実際に体重を測ってみると、1ヵ月ごとに約3~4キロ程度落ちていました。

なので、僕はなんとかダイエット計画を継続することができたのかもしれません。

そして、3ヵ月程度経過してくると、体重が落ち、筋肉がついてきたという体感がでてきました。

自分でも体格の変化を感じてとれるようになりました。

その頃になると、周囲の人からも「最近痩せましたね。」と言われるようになりました。

明らかに見た目も変化してきたのでしょう。

実際に体重を測ってみると、86キロあった体重は74キロになり、-12キロのダイエットに成功しました。

この時のダイエットの経験から、やはり何事も変化させるためには、3ヵ月程度の期間が必要になってくるのだなということを思いました。

しかし、この3ヵ月の継続というのが、なかなかポイントとなってきます。

何事も結果がでるまでには、指数関数的なグラフを描きますので、最初のうちはあまり変化を感じることができません。

そして、3ヵ月を過ぎたあたりで、グッと急激な伸びを見せるのですね。

なので、3ヵ月継続する為には、ここを押さえておく必要があります。

そして、ダイエットするためには、やはり食事と筋トレが大切だということを痛感しました。

大切さの割合でいえば、食事:筋トレ=7:3くらいな感じでしょうか(笑)

以上、僕が-12キロのダイエットに成功した体験談でした。