タグ:心療内科
ホームPage 1 / 11
  • うつ病

今日は、うつ病の治療の為に、2週間に1度通院しているかかりつけの心療内科に行く日です。

緩消法(かんしょうほう)を実践し始めてから、朝に目が覚めても、それほど体調は悪くなくなっています。

緩消法を実践する前は、朝ベッドの上で目が覚めても、具合が悪く、なかなか起き上がることができませんでした。

最近では、うつ病と血行、特に首まわりの血行というのが関係があると思いはじめています。

心療内科を予約した時間は10時30分。

10時頃にクリニックに到着すると、10人ほどの患者さんが待合室にいらっしゃいました。

メンタルクリニックといっても、実際に通院されている方は見た感じ普通の感じの方ばかりです。

確かに、本当にメンタル疾患が酷い時は、1人で病院にくることもできないでしょうから、当然といえば当然でしょう。

3週間分の睡眠薬と抗うつ薬を処方される

僕の順番になり、名前を呼ばれて診察室へ。

緩消法を実践しているので、先生にも状態は良くなってきていると伝えます。

年末年始は、こちらのクリニックもお休みになるので、今回は特別に3週間分の睡眠薬と抗うつ薬を処方してもらいました。

処方箋を持って、そのビルの1階にある薬局に向かうと、こちらは30人ほどの患者さんが順番待ちをされていました。

ボーッとテレビ番組を見ながら自分の順番になりました。

今回処方されたのも、睡眠薬のブロチゾラム錠(0.25mg)と抗うつ薬のスルピリド錠(100mg)でした。

緩消法を実践してから、だいぶ調子が良いので、薬の量を減らしてもらってもよかったのですが、一応もう少し様子を見ることにしました。

睡眠薬と抗うつ薬に関しては、気になるほどの副作用もでていないので、緩消法と薬物療法を併用して行っていきたいと思います。

  • うつ病

今日は、2週間に1度の心療内科の通院日です。

診療の予約時間は、10時30分。

前日は鬱がひどかったので、20時頃にはベッドに入りました。

しかし、全然眠れない。

現在は睡眠薬と抗うつ薬を毎日飲んでいるので、眠れないという事はほとんどなかったのですが、まったく眠れる気がしません。

寝よう寝ようと思っても気持ちが焦るばかりで、結局ほとんど眠れませんでした。

朝の8時に何とか気力を振り絞って、ベッドから起き上がりました。

食欲もほとんどなかったので、何も食べずに4駅先にある、かかりつけ心療内科に向かいます。

心療内科の診察にて抗うつ薬を増量

診察の予約をした時間は10時30分だったのですが、病院についたのは9時30分過ぎ。

待合室には、10人ほどの患者さんがいました。

前日ほとんど眠っていない事もあって、何もする気が起きなかったので、ただただボーッとしていました。

今日は空いていたという事もあり、10時過ぎには自分の名前が呼ばれました。

心療内科の先生に、薬はちゃんと飲んでいるのですが、鬱の症状がひどい時がある事を伝えると、薬の量を増やしてみましょうとの事。

現在服用しているのは、睡眠薬のブロチゾラム錠を0.25mg(ヨシトミ)と抗うつ剤のスルピリド錠を50mg(アメル)。

今回は試しにスルピリド錠を50mgから100mgに増やしてみる事にしました。

その後薬局で、薬を処方されて家に帰宅しました。

全く眠れない状態が続く

帰宅してから、食欲はあまりありませんでしたが、ちょっとだけ昼食を取った後に、抗うつ薬のスルピリド錠を飲む。

その後、依然として調子が悪かったので、ベッドに横になりながらラジオを聴いていました。

少しは眠れるかと思いましたが、眠れないまま夜になってしまいました。

眠れなくても、目をつぶって横になっているだけでも休息になるという話を聞いたことがあります。

しかし、個人的にはやはり眠らないと頭がまったく回らなくなり、体調もすぐれません。

夜には、抗うつ薬のスルピリド錠に加え、睡眠薬のブロチゾラム錠も飲みます。

何とか、今晩は眠れると良いのですが…。

ホームPage 1 / 11