高輪ゲートウェイの開業はいつから?デザインや照明を担当したのは?

JR山手線・京浜東北線の田町~品川駅間に、2020年春開業する新駅の名称が決まりました。

その名も「高輪ゲートウェイ(たかなわげーとうぇい)」。

2018年12月4日(火)に、JR東日本が発表しました。

山手線で新駅が登場するのは、1971年(昭和46年)の「西日暮里」駅以来。

京浜東北線で新駅が登場するのは、2000年(平成12年)の「さいたま新都心」駅以来となります。

今回の「高輪ゲートウェイ」は、山手線の30番目の駅となります。

スポンサーリンク

駅名が公募されたのは今回が初めて

高輪ゲートウェイ駅は田町駅(東京都港区)から約1.3km、
品川駅(東京都港区)から約0.9km付近のJR品川車両基地跡地内に建設中です。

ホームは2面が設けられ、山手線と京浜東北線が停車します。

2020年の春に暫定開業し、2024年ごろの「街びらき」時に本開業する計画です。

JR東日本は、2018年6月5日~6月30日にかけて、
今回の新駅の駅名案の募集を行いました。

JR東日本としては、駅名を公募したのは今回が初めて。

6万4000件を超える応募が寄せられ、その駅名案は1万3000種類を超えました。

寄せられた案のうち、第1位は「高輪」、第2位は「芝浦」、第3位は「芝浜」。

「高輪ゲートウェイ」は、36人が応募し、130位でした。

JR東日本によると、応募数の多い順ではなく、
応募された案の中から先行して決めた、とのことです。

ちなみに山手線の駅名のうち、カタカナが含まれる駅名は今回が初めて。

駅舎をデザインしたのは、隈研吾さん

新駅の「高輪ゲートウェイ」の駅舎のデザインをしたのは、
世界的な建築家の隈研吾(くま・けんご)さん。

隈研吾さんは、1975年に東京大学大学院工学部建築学科を卒業。

2009年より東京大学教授。

世界各地で建築のプロジェクトに携わるなど国際的に活躍。

木材を使うなど「和」をイメージしたデザインが特徴的で、
「和の大家」といわれています。

今回の高輪ゲートウェイの駅舎も、
折り紙をモチーフとした大屋根などを備えた「和」を感じられる駅となります。

これまでの作品には「歌舞伎座」、「根津美術館」、「サントリー美術館」、
「新国立競技場」などがあります。

照明デザインを担当するのは、面出薫さん

また、JR東日本は、駅名と同時に駅の照明デザインも発表。

コンセプトは「街のランドマークとなる暖かな光の駅舎」です。

照明デザインを担当するのは、建築照明デザイナーである
面出薫(めんで・かおる)さん。

面出薫さんは、東京芸術大学大学院修士課程を修了。

住宅照明から建築照明、都市・環境照明の分野まで、
幅広い照明デザインのプロデューサー、プランナーとして活躍されています。

面出さんは、JR東京駅丸の内駅舎をはじめ、JR京都駅、六本木ヒルズ、
シンガポール国立博物館などの照明計画を手掛けています。

今回の新駅である「高輪ゲートウェイ」駅の駅舎内イメージの画像を見ると、
確かに暖かさを感じられる照明となっています。

2020年の暫定開業が今から楽しいですね。

今回は、JR山手線・京浜東北線の新駅である、
「高輪ゲートウェイ」について書いてみました。

コメント