女性の共感脳を攻略!心理学を活用して早速実践してみよう!

世の中には、女性の扱い方というものをよく知っていて、上手にコミュニケーションを取れる男性がいます。

一方で、女性とコミュニケーションを取るのが苦手だという男性も多いです。

実際には、女性と上手くコミュニケーションを取れる男性というのは、

単に女性が喜ぶポイントを知っているだけで、それほど難しいことをしている訳ではありません。

しかし、モテない男性というのは、そのポイントを知らずに、自己流でやっているので、うまくいかないのかもしれません。

今回は、モテる男性が意識している、女性と上手にコミュニケーションを取れるポイントについて、書いていこうと思います。

どれも、すぐに行動にうつせる内容なので、明日からでも、早速どんどん実践していきましょう!!

スポンサーリンク

人間関係の重要スキル「褒める」

まず、女性と上手にコミュニケーションを取れるようになる1つ目のポイントは、「褒める」という事です。

「褒める」という事は、女性に対してだけでなく、全ての人間関係を円滑にするとても重要なスキルです。

男性の中には、「女性を褒めるなんて恥ずかしくてできない」という方もいるかもしれませんが、

それほど複雑に考えずに、素直な気持ちで相手の長所を言葉にすれば大丈夫です。

女性を褒める事ができるようになるには、普段から人の「長所・良い面」に注目していくことが大切です。

人間の脳というものは、同時に2つの事を考えることができないので、

普段から人の「短所・悪い面」に注目するような思考の癖があると、なかなかスッと褒め言葉がでてきません。

なので、人を観察するときに、常にその人の良い面を見るようにしましょう。

1つ注意点としては、褒めるといっても「お世辞」を言ってはいけません。

「お世辞」というのは、「口先だけの褒め言葉」なので、それは感のいい女性には、すぐに見抜かれてしまいます。

なので、心の中で思った相手の良いところを素直に言葉にするようにするのがポイントです。

女性は「共感脳」、男性は「競争脳」

女性と上手にコミュニケーションを取る為のポイントの2つ目は、「共感する」という事です。

共感とは「感情を共有する」ということで、具体的には、「その感情わかるよ!」と同意を示す事です。

「その気持ち、よくわかるよ!」

「それはとっても辛かったね!」

「それはすごく楽しそうだね!」

というような感じで、相手の話を聞く時に、女性の感情に共感していきましょう。

「女性の話に共感する」と聞くと、なんだか難しいように思えるかもしれませんが、

実践的なテクニックとしては、相手の口に出している言葉を「オウム返し」するような感じでよいのです。

「オウム返し」は、心理学では「バックトラッキング」「伝え返し」などいうこともあります。

それほど難しく考えずに、相手の発した言葉を引用して相槌を打つ感じで、女性は気持ちよく喋ることができます。

一般的には、女性は共感主義(共感脳)で男性は競争主義(競争脳)と言われていますので、

「共感する」のが苦手な男性も多いですが、実践を繰り返して、ぜひ共感スキルを身につけていきましょう。

アドバイスをしたり、解決策を提示しない

そして、女性とコミュニケーションを取る為のポイントの3つ目は、

「アドバイスをしない」、「解決策を提示しない」という事です。

これは当ブログの管理人もよくやってしまう失敗なのですが、

女性に対してついついアドバイスをしてしまう男性というは多いです。

しかし、実際には女性というものは、男性に対してアドバイスを求めておらずに、

共感しながら、ただただ「話を聞いてもらいたい」だけなんですね。

男性は特に気になる女性に対しては、自分を必要以上に良く見せようとしてしまい、

女性の話に対して、解決策を提示してしまいがちです。

けれども、それをしてしまったが為に、相手の女の子が機嫌を損ねてしまったという経験がある方もいることでしょう。

女性と上手にコミュニケーションを取る為には、アドバイスをせずに共感しながら「うんうん、わかるわかる」と、

じっくりと話を聞いてあげることが大切なのです。

モテる男性というのは、このような女性の特徴を意識して、上手に会話をしているんですね!!

コメント