ザイオンス効果を恋愛に活用し、片思いの異性にアプローチ!

「ザイオンス効果」という言葉を聞いたことがある方もいると思います。

ザイオンス効果とは、「単純接触効果」とも呼ばれることもあります。

人は何度も繰り返して接触していると、好感度や評価等が高まっていくという心理効果のことです。

1968年に、アメリカの心理学者であるロバート・ザイオンスが論文として発表しました。

ザイオンス効果の対象となるのは、人だけでなく物に対しても効果が発揮されるので、

ビジネスにおけるマーケテイング戦略などでも使われることがあります。

今回は、恋愛におけるザイオンス効果について、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ザイオンス効果でいつの間にか好きになってしまう

ザイオンス効果は、接触回数が多ければ多いほど、その相手に対して好印象を感じるというものです。

このようなことは、誰でも実際に体験したことがあると思います。

職場や学校で、出会ったばかりの時は、何となくよそよそしい感じだったのが、

なんとなく毎日会っているうちに、徐々に親近感が湧いてくるという事があると思います。

人を好きになる場合も、最初は何の恋愛感情もなかったのに、

毎日会って接触しているうちに、いつの間にか好きになってしまったという経験もあるでしょう。

男性は熱しやすいので、自分のタイプの女の子に一目惚れしてしまう場合もあるかもしれませんが、

女性の場合は、徐々に相手を好きになっていくので、ザイオンス効果を上手に使うことは、良い戦略です。

そもそも、まったく接点の無い相手を好きになることなどないですからね(笑)

ザイオンス効果の「落とし穴」

ザイオンス効果によって、人は会えば会うほど、話をすれば話をするほど、

その相手に好意を持つようになります。

人は出会ったばかりの人に対しては、やはり警戒心というものを持っています。

なので、このように何度も接触することによって、相手の警戒心が徐々に解かれていくのです。

しかし逆に考えると、このザイオンス効果には「落とし穴」もあります。

つまり、会うたびに相手に対して「悪印象」を与えていると、

逆にどんどんと負の印象をつけてしまうんですね。

例えば、男性が好きな女性に対して、相手が嫌がっているにもかかわらず、

しつこくしてしまうと、どんどんどんどん悪印象を持たれてしまうという事です。

「女性は押しに弱い」なんて言われますが、嫌いな相手からの「押し」は、ただただ「しつこい」と思われるだけなので、

自分が好かれているか嫌われているかを、よく見極めることが大切でしょう。

もし、自分が嫌われていると感じたら、少し距離をとったほうがよいかもしれません。

大切なのは「時間」よりも「回数」

ザイオンス効果は、恋愛において、とても効果の高いテクニックです。

実際に、気になる異性がいる場合は、是非、上手にザイオンス効果を使っていきたいものです。

ザイオンス効果は、「単純接触効果」なので、毎回何時間も会う必要はありません。

「時間」よりも、「回数」の方が需要です。

職場や学校で、気になる女性がいる場合は、まずは笑顔で挨拶したり、

ちょっとだけ話したりというように、接触回数を増やしていきましょう。

この場合の会話は、常に相手に対して好意的な内容で、相手の自己重要感を高めることを目的としましょう。

間違っても、相手のことを否定したり、お説教をするようなことはしてはいけません。

女性は、そもそも男性からのアドバイスなどは求めていないので、とにかく相手への好意を示すことに徹しましょう。

最初は、あなたに対して警戒心をもっていた女性も、粘り強く接触回数を増やしていくことで、

あなたに対して恋愛感情を持つようになるところまで発展するかもしれません。

変に格好をつけずに、相手に対して自分は好印象を持っているということを素直に表現することで、

相手もあなたに対して、好印象を持ってくれる可能性が高まっていきます。

明日からすぐに実践できる恋愛テクニックなので、是非どんどん活用していってくださいね!!

コメント